無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第110話


















誰かのうなり声で起こされた













あなただ






あなた
ぅ~…




何の夢を見ているのか。





あなたのことだからどうせお菓子とられて
悔しい思いをする夢とか?笑





あなた
んぅ…~…っ





だが、昨日より苦しそうにしている








昨日の夜は頬がうすピンクだったのに




また真っ赤に戻っている





汗も凄い







よほどあついのかキャミソールが



少しはだけてほぼ



裸に等しい(((((なに見てんねん











濡れたタオルを持ってきて体を拭く








あなた
はぁ…っ




尋常じゃないほどの体温だ












熱を計ると38.7度になっていた






弱ったな…








俺にはもう何も出来ないので




病院行きます(((((