無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

出会い





あって1週間のそこらでこんなに
安心できて…こんなに身を委ねてるなんて、




私じゃないみたい……















あなた
ほんとにありがとうございますっ、
ゆっくり休めよ













そして急に顔が冷たくなった。











先生の手みたいだ。














冷たくて凄く気持ちいい


















そして私は眠りに落ちたのである