無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第111話




お父さんの病院へ





悟 お父さん
んー。過度なストレスってとこかな




ストレス………








悟 お父さん
最近何か変わったことは?
とくに…ない…かな?
悟 お父さん
おい~~しっかりしてくれよ~?笑
悟 お父さん
とりあえず薬出しておくから、また
様子見ておいで!











てことで



家到着










さっき打ってもらった点滴で



だいぶ楽になったっぽいな





何もなかったかのように眠るあなた






あなた
さとちゃん…?
ん、?
あなた
どこ行ってたの…






寝ぼけているのか俺が出かけていたと

思ったらしい







んーん。どこも出かけてないよ
あなた
ほんとに…?
ほんと
あなた
……ギューしてほしい…








何で唸されていたのかはわからないが。












赤ちゃんかて((((