無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第124話

イケメン
いい体してんじゃーん





服の前ボタンとズボンを脱がされてしまった















あなた
やめっ、て…下さ、い…






泣きじゃくって嫌がる私を無視して














あの3人の中の誰かからズボンのベルトが
かちゃかちゃ鳴る音がした











イケメン
お前ばっかずるいぞ!
イケメン
そうだそうだ!
イケメン
俺が連れてきたんだからいいだろ?
イケメン
ちっ~~
イケメン
そこから眺めてなさい~!








男は下半身裸だ








あなた
ヒック ヒック







私の腰に手をかけた瞬間








やめろよ。泣いてんだろ









泣きすぎて呼吸がうまくできない