プリ小説

第13話

じゅうに






あなた side












次の日も 、廉とはたいして話さず 、




紫耀と学校に行った 。




















そして放課後の委員会 。












委員会はなんと 永愛 と一緒 … 。











とりあえず席に着いた 。









すると隣に永愛がなぜかきた 。







永愛「 ねえ 、」


『 な 、なに? 』


永愛「 いっつも言ってた 、幼馴染で好きな人って 、廉くんだよね?笑 」


『 … もう永愛には関係ないでしょ 。』


永愛「 関係あるじゃん!!好きな人の彼女だよぉ?笑 」


『 私の好きな人ってわかってて付き合ったの? 』


永愛「 それもあるけど … 」


『 … 廉を遊びに使わないで!!! 』


永愛「 ちゃんと好きだよ?超イケメンだし 。」


『 … 廉になんか言ってないよね? 』


永愛「 言ってないって言ったら嘘になる 」


『 は? 』


永愛「 ふふふ 、まあ廉くんは私のモノだから近付かないでね?笑 」


『 、、ずっと私の廉だと思ってたのに 、カノジョできちゃったから私も我慢してるんだやで!?
なのにそんな言い方しかできないわけ? 』


永愛「 廉くんは私の事好きだから付き合ってるんだよ? 」


『 廉は恋愛のことなーんもわかってない!!
ただ 、彼女ってどんなものか知りたくて調子に乗って東京で彼女作ってるだけやわ 』


永愛「 まーいいや!! 廉くんはあなたのこと好きじゃないってことだし 。」


『 っ 、そんな言い方 、!! 』


永愛「 ちょっと私のこと気になるから付き合ってくれたんでしょ ww

いくら誰でもよかったとしてもブス選ばんわ ww 」


『 軽い気持ちならそっちこそ廉に近づかないで 。』


永愛「 いやちゃんと好きだから 。笑 」













ほんとうざいほんとうざい












もうやだ 、廉に勘違いされる絶対 … 。






































シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

く ~ れん 🌻🌈
く ~ れん 🌻🌈
甘党代表でラブホリ先輩匂わせ得意な中島健人くん 絶壁完璧道枝駿佑くん 向日葵大好きふわふわ天然ボーイ髙橋海人くん を 愛してる 。 🌻🌈 ファンマーク ですっ! 🍌💖 Twitter ❥ kure_KTT313 Instagram ❥ kure_KTT ふ た ご の お た く 同盟
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る