無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

72
2021/03/31

第7話

7【毒】⚖️
カリムのお父様side

カリムが拾ってきた少年…

タイル君と言ったか……


彼は私を庇って死んだ2人に何処か似ている。




もしかしたら、行方不明になっている2人の子どもかも知れない。

そう思い、
カリムのお父様
親の名前は?迎えに来て貰うこともできるが…
彼は、親は知らないと言った。


拾ってくれた人の名も知らないらしい。



私は、彼は何故か信用できると思った。


根拠は無いが、



カリムを支えてくれると何故か確信した。
カリムのお父様
君、カリムの従者にならないか?
タイル・ヤーガ
タイル・ヤーガ
は?
だいぶ驚いている。
カリムのお父様
あぁ、もちろん使用人でもいいのだが…
彼は、

「従者の方が面白そうだ。」

と、言った。


でも、ジャミル君の事を気にしているようだ。
カリムのお父様
あぁ、ジャミルくんにいろいろ教えて貰うといい。彼は優秀な従者だから。
どうやらタイルくんは、

扉の奥にいるジャミルくんにも気づいていたようだ。

凄いな…

ん?


少しタイル君の様子がおかしいような…?
タイル・ヤーガ
タイル・ヤーガ
ぁ、……
___バタッ___

カリムのお父様
な、なんだ?大丈夫か?
ジャミル・バイパー
カリムのお父さんそいつ毒飲んでますよ。多分
カリムのお父様
毒ッ?
ジャミル・バイパー
はい。カリム解毒剤持ってるか?
カリム・アルアジーム
これか?
ジャミル・バイパー
あぁ、それだ。
毒だなんて自分から飲む物じゃない。だとすれば…
カリムのお父様
誰かが、盛ったのか?
ジャミル・バイパー
さあね?とりあえず解毒しますね。
どうか無事であってくれ…