無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

1週間後(2)
私って生きる価値ないのかも。そう思ったのはいつからかしら?
あなたは歩きながら、考えていた。
昔から、死ぬ方法を探していた。
例えば、お風呂の時。湯船に顔突っ込んで溺れて死のうとした。
まぁ親が助けたけど、幸い自殺だと思われなかったからいいとしよう。

もう1つは親が寝てる間、親の薬を飲んだ。
だって言われたんだもん。「人の薬を間違えて飲むと死ぬ」って
でも、腹痛だけで死ぬことはできなかった。
あなた

(でも、今回の自殺は大丈夫だよ。)

リストカット。
小さい頃、怖くて出来なかった方法。
あなた

今ならできるよ。

だって私今日幸せな思いをするんだよ。
そのあとに死ぬから別に怖くないよ。