無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

テレビ局
テレビ局のオファーを聞いたヒロは他の5人とテレビ局に向かった。
プロデューサー
ああ!待っていたよ君がヒロ ハマダ君?
ヒロ ハマダ
はい。
ヒロ ハマダ
あの、オファーのことなんですけど、
プロデューサー
そうだ。その話なんだが、
1週間後「おはようサンフランソウキョウ」の特集で、
君を紹介したくてね、私生活や、大学での活動を撮らせてくれ。
それと、生放送にゲストとして出てもらいたい。
ヒロ ハマダ
僕の特集を?
プロデューサー
そうだ❗
ニュースキャスター
こんにちは!ヒロハマダ。
生放送で会えるのを楽しみにしてるよ。
ハニーレモン
きゃあ!ゴーゴー見て、おはようサンフランソウキョウのイケメンキャスターよ❗
初めて生で見た。
ゴーゴー
ハニーレモン。落ち着いて、
ワサビ
ははは。
プロデューサー
やってみたいかい?
ヒロ ハマダ
あっえっと、すみません。1日時間をください。
嬉しいけど、テレビだから、よく考えないと、
プロデューサー
はははそうかい。わかった。
1週間後を楽しみにしてるよ。じゃあ。
ニュースキャスター
また会おう。
ヒロ ハマダ
、、はい。