無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

相談
《帰り道》
フレッド
なんですぐにでますって言わなかったんだ⁉️
ハニーレモン
そうよヒロ。自分を知ってもらう最高のチャンスなのに、
ワサビ
まーまー。出ないと言ったわけじゃああるまいし、
ヒロ ハマダ
、、
ゴーゴー
?ヒロ
ベイマックス
ヒロ。どうしましたか?
ヒロ ハマダ
ねえみんな。
ヒロ ハマダ
もしも僕がテレビに顔を出して、
みんなにbighero6だとばれたらどうする?
ハニーレモン
えっ!
ワサビ
そういうことか、
フレッド
そっくりさんでーすとか言ってごまかしとけばいいんだよ❗
ゴーゴー
フレッド。それはない。
ハニーレモン
でも、カルミにはバレなかったんでしょ?
ヒロ ハマダ
あ、
カルミはヒロが大学に入る前まで、大学で一番最年少だった女の子だ。
なのでそのあと入ってきたヒロをライバルとして見ている。

しかしカルミは、bighero6のヒロが大好きで、ヒロがbighero6の1人
ということは知らない。
ヒロ ハマダ
確かに、間近で顔見てきたクセに僕だとは気づかなかった。
ワサビ
だろ?
ヒロ ハマダ
うん。でも、
ゴーゴー
まだ他に何かあるの?
ヒロ ハマダ
もし僕が生放送に出演してる間、町でトラブルがあったら、
フレッド
それは大丈夫だよ。
ゴーゴー
おはようサンフランソウキョウは朝の番組なんでしょ?
ワサビ
今まで朝に何かあったか?
ヒロ ハマダ
でも、
ハニーレモン
私達は大丈夫だから、ヒロ。
ゴーゴー
自信もって、
ヒロ ハマダ
、、、みんながそういうなら
わかったよ。明日テレビ局に行ってくる。
もちろん「出ます」って言ってくる❗
みんな
ヒロ❗
ヒロの顔が少しやすらいだ。
ヒロ ハマダ
(絶対に成功させて見せるよ。兄さん!)
ベイマックス
バッテリー切れェ ッケンコウ
みんな
あっ!