無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

オファー。
《大学》
ヒロ ハマダ
あー昨日は疲れた。
ラボに一番乗りでヒロとベイマックスがきた。
ベイマックス
かなり体にストレスがたまっています。
ヒロ ハマダ
当たり前だよ。
ヒロはかなり頭にきていた。
ことの始まりは、昨日捕まえた強盗の犯人の一言だった。
ヒロ ハマダ
こんな小さなヒーローは初めてみた⁉️なんなんだよあの犯人
ベイマックス
ストレスをためると体に悪いです。落ち着いてください。
ヒロ ハマダ
落ち着いていられるか!
ハニーレモン
ベイマックスの言う通りよヒロ。落ち着いて。
ワサビ
あんなやつの言うこと、そんなに気にすんじゃない。
ゴーゴー
そう、気にしないで、
フレッド
いつかあいつより大きくなれば、何も言えないぞ!
みんながぞろぞろきた。
ヒロ ハマダ
ああ、みんな来てたんだ。
ベイマックス
おはようございます。
ハニーレモン
おはようベイマックス
ゴーゴー
おはよ
ゴーゴー
ヒロも、
ヒロ ハマダ
おはよう。
ワサビ
ハッそうだヒロ❗
ヒロ ハマダ
な、何?
ハニーレモン
さっき教授から伝言で、
ハニーレモン
昨日の放課後、テレビ局から電話があったらしくて、
ハニーレモン
ヒロに出てほしいんだって。テレビに❗
ヒロ ハマダ
はぁ!テレビ⁉️