無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

私に出来ること
私が出来ること…

それはなんだろう?


ひたすら悩むことしかできない今

ただ自分の気持ちを抑えつずけていた



彼の教室に来て、覗いてみる

「誰か呼ぶ?」

「ううん、いないみたいだから大丈夫」



本当は、視界の片隅に君を見ていた。

君が好きな人と話しているのを…



私は君を応援するよ




帰り道


夕焼けが、いつもより温かかった




私に出来ることは…