無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

第2章〜プロローグ〜
「え、お前ってあいつのこと好きだったの?」

委員会の活動の最中だというのに大きな声でゆうはそう言った。



私は口の前で人差し指を立てて目を細めた。


「まぁ叶わない恋だってわかってたし、別に今はどうとも思ってないけどね?」


そう言って話が大きくならないようにと保険をかける。

「ふぅーん、俺に言ってくれれば本人に伝えといたのに」


「は?お節介だよ何にもしないでよ」

「えーだって俺あいつと部活同じだし」


確かにそうか。優ってサッカー部だった。


「いいの、私は失恋してるんだし」


「あっそう」


それからしばらく沈黙が続く。





辛すぎる((

優は私をいじめて何が楽しいんだか、ついつい爪を噛みそうになる。
「まぁ俺はそれでよかったんじゃないかなって思ってるけどね」

え?