無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,082
2019/06/22

第9話

4P🔞 request
ど~もあなたです
今、しげ、望、流星とお留守番してます~
なぜだか変態三人が集まってしまった……
あ、うちらのグループは元々か
重岡「暇やねんけどw」
藤井「ほんまなw」
小瀧「よし!」
望がなんか思いついたみたい
でもでも、何故かうちには教えてくれない
小瀧「あなた~?」
あなた「ん?」
小瀧「飲み物どこ?」
あなた「えっとねぇ、ストックしてあるから上」
小瀧「おけつ!」
おけつってw
まだ若いなw
藤井「はい!」
あなた「え、良かったのに」
藤井「ええねんええねん!」
なんか企んでないか?
まあ、いいや
ゴクゴクッ
あなた「うん!美味しい!」
それから暫く経つと
あなた「ねぇ、暑くない?」
重岡「ん~そうか?」
ニヤニヤしてんのは気のせいなんかなぁ
あなた「ねぇ、のんちゃ脱がせて?」
小瀧「んえ!?俺!?」
あなた「あかんの…?((ウルウル」
小瀧「ッ!わ、わかった」
重岡「あんなにかわええんやw」
藤井「望、動揺してもうてるw」
あれ、なんでこんなこと言ってるんかな…
あなた「しげちゃ……」
重岡「うえ!?」
あなた「しげちゃ…」
重岡「わかった、分かったからちょっと待ち」
あれれ…
重岡「((胸を触る」
あなた「ンンッ」
重岡「これ、好きなん?」
あなた「ンアッ」
藤井「こっちもヤッたる」
そう言って、あそこに肉便器をつっこむ
あなた「アアッ///」
藤井「ちょっ、締めんなやッ///」
あなた「ンンッ///」
望からはキスされる
小瀧「チュッ」
藤井「パンパンパンパン」
あなた「ファッ///イ、イクッ」
藤井「((止める」
あなた「え……((ウルウル」
小瀧「俺と変わってや」
藤井「俺、後ろ行くわ」
あなた「ンアッ//アッ…ダメ…///」
重岡「((耳を甘噛み」
あなた「ヒャッ///」
重岡「綺麗な体やなぁ」
あなた「うぅ///」
藤井「パンッパンッパンッパンッ」
あなた「ンッ…///」
小瀧「早く動かすで」
そう言うと望は速く動き出す
その途中で、しげが口につっこんできた
重岡「御奉仕してや?」
あなた「ンンッ…///」
口に咥えられたしげのものを奉仕しながら、下は身を任せる
藤井「イクッ…///」
小瀧「俺もッ…//」
重岡「俺もやッ…///」
あなた「ンアッ…///」
4人でイキ果てた
_______________
Reiさんからのリクエスト
しげとのんちゃんと流星と4P
いかがでしたか?
あと、遅くなってほんっとうに御免なさい!!
こんな感じで大丈夫でしたかね?
リクエストあったら、どしどしと!
めっちゃ🐢になってしまいますが、それで良ければです…💦
今回は本当に御免なさい!!
もう少し更新頻度高めますね💦