無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

No.3
お母さん
来夏〜!学校〜!
来夏
来夏
うわぁ!もうこんな時間!
ホイップ
ホイップ
どこ行くの?
来夏
来夏
学校。勉強するとこだよ!
ホイップ
ホイップ
じゃ、私も行こー
そう言って私のリュックに飛び込んできた。
来夏
来夏
うわっ!もうこの、白イタチがー!
ホイップ
ホイップ
白イタチじゃないもん!パイフーだもん!
来夏
来夏
どっちでもいいでしょ!もう!行ってきます!
お母さん
あれ?ホイップも行くの?行ってらっしゃい!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ホイップ
ホイップ
あ、そうそう。来夏。私、なるべく人にバレないようにするから。そこんところよろしく。
来夏
来夏
じゃあ来るなよ、もー!
萌
おっはー!来夏!
来夏
来夏
うわっ!萌かぁ。ビックリしたー!
萌
ニヒヒ(*゚▽゚*)早く行こっ!
来夏
来夏
うん!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
〜学校〜
来夏
来夏
ふぅ。
ホイップ
ホイップ
(小声)あれ?さっきの子とは違うクラスなの?
来夏
来夏
うん。
裕
おい!来夏!
来夏
来夏
うえっ!///ひろ…///。
ホイップ
ホイップ
(ん?…)
裕
何ぼーっとしてんだよ。
来夏
来夏
別にしてなんk…
裕
これ。
来夏
来夏
あ、私のハンカチ。
裕
落ちてたんだよ。これ?お前のだろ?
来夏
来夏
よくわかったね。
裕
あったりまえだ。一応幼馴染だし。
来夏
来夏
一応でしょ。それじゃありがとう
裕
おう。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ホイップ
ホイップ
今のは?
来夏
来夏
萩島 裕
(はぎしま ひろ)

サッカー部
家は理化学研究所。
理科の成績は常にトップ。
私の幼馴染。
ホイップ
ホイップ
好きなんだ、
来夏
来夏
えっ⁉︎
ホイップ
ホイップ
裕のこと。
来夏
来夏
ちょ、何故そうなる?
ホイップ
ホイップ
見てたら分かりますよ。だって私はパイフー様ですから。
来夏
来夏
……
ホイップ
ホイップ
決めた!私、来夏と裕をくっつける!来夏の恋の応援団になる!
来夏
来夏
はぁー⁉︎