無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

652
2021/01/09

第3話

放課後
蒼井 茜
蒼井 茜
やっと、終わったー
蒼井 茜
蒼井 茜
じゃあ、僕もう帰りますね
源 輝
源 輝
あっ、ちょっとまって
源 輝
源 輝
この椅子に座って、目隠しして
蒼井 茜
蒼井 茜
わ、わかりました、、
蒼井 茜
蒼井 茜
(椅子に座り、目隠しをされる、そして、何故か、手も結ばれる。)
源 輝
源 輝
立って、ついてきて
源 輝
源 輝
この中に入って
蒼井 茜
蒼井 茜
はい
源 輝
源 輝
ちょっと口開けて
蒼井 茜
蒼井 茜
はい、は?
源 輝
源 輝
いいから
蒼井 茜
蒼井 茜
(口に薬を入れられる)
源 輝
源 輝
よし、あとは、
源 輝
源 輝
この機械を、ここにつけて、
蒼井 茜
蒼井 茜
(あれ?どんどん眠くなっていく、さっきの薬のせいか、、、なんか、僕のあそこに変な機械が、、、)
源 輝
源 輝
よし、これでいいね、((弱)と書いてあるところのボタンを押す)
源 輝
源 輝
1時間後の蒼井が楽しみだな♪
〜30分後〜
赤根 葵
赤根 葵
(ドアをノックする音)
赤根 葵
赤根 葵
失礼します
赤根 葵
赤根 葵
茜さんはいますか?
源 輝
源 輝
ごめんね、もう帰っちゃったんだけど
赤根 葵
赤根 葵
わかりました
赤根 葵
赤根 葵
失礼し
源 輝
源 輝
あっ、赤根さん
赤根 葵
赤根 葵
源 輝
源 輝
少しお茶しない?
源 輝
源 輝
(時計を見る)
源 輝
源 輝
少し、話でもしよう
〜30分後〜
源 輝
源 輝
そうそう!
源 輝
源 輝
なんか、急にやられても困るよね
赤根 葵
赤根 葵
それに時々、みんな何言ってるのか分からなくなったり、、
↑モテモテ同士だから話が合う
蒼井 茜
蒼井 茜
(うっ、あれ?あおちゃんの声?しかも真っ暗だし、ここはどこだ?狭い。それより、さっきから、あそこがとてもムズムズして、
蒼井 茜
蒼井 茜
ヤバイ、気持ちいい、、)
蒼井 茜
蒼井 茜
(なんか、機械が、、、動いて、、)
源 輝
源 輝
赤根さんは、蒼井のことはどう思ってるの?
蒼井 茜
蒼井 茜
赤根 葵
赤根 葵
そうですね
赤根 葵
赤根 葵
今じゃまだ、わかりません
源 輝
源 輝
そっか、((中)のボタンを押す)
蒼井 茜
蒼井 茜
んっ、、、
赤根 葵
赤根 葵
!?さっき、あそこの掃除用具入れから声が、、
源 輝
源 輝
そう?僕は、聞こえなかったけど、
赤根 葵
赤根 葵
、、、たぶん、私の気のせいです。
すみません
源 輝
源 輝
ううん、大丈夫だよ
蒼井 茜
蒼井 茜
(急にこの機械の振動が強く、)
蒼井 茜
蒼井 茜
(気持ち良すぎて声が出ちゃだし、)
蒼井 茜
蒼井 茜
(あおちゃんだけには、ばれたくない!)
赤根 葵
赤根 葵
ちょっと、トイレ行ってきていいですか?
源 輝
源 輝
いいよ
あおちゃんが生徒会室を出る
源 輝
源 輝
ガタッ(掃除用具入れの扉を開ける)
蒼井 茜
蒼井 茜
はぁ、はぁ、はぁ、
蒼井 茜
蒼井 茜
会長、やってくれましたね
源 輝
源 輝
ニコッ
蒼井 茜
蒼井 茜
それより、、、んっ、、この機械、、、外してください、、
源 輝
源 輝
んー、、、やだ、
蒼井 茜
蒼井 茜
蒼井 茜
蒼井 茜
おねがい、、、します!、、んっ、、会長、、、
源 輝
源 輝
じゃあ
源 輝
源 輝
僕もうちょっと赤根さんと話したいから、君は、僕の横にいて、赤根さんが帰るまで耐えたら、外してあげる
蒼井 茜
蒼井 茜
そんなの、、無茶です、、、んっ、、
んっ!、(源会長が強のボタンを押す)
赤根 葵
赤根 葵
トントン(ドアをノックする音)
赤根 葵
赤根 葵
失礼します、
赤根 葵
赤根 葵
あっ、茜くんここにいたんだね
蒼井 茜
蒼井 茜
あ、あおちゃん、、、(源会長の横で立ってる状態)
蒼井 茜
蒼井 茜
(ヤバイ、あそこが、、、、)