プリ小説

第2話

ⓣⓦⓞ

















覗いた先でも誰かがいじめられていた。






私よりももっと酷い。傷だらけだ。





















いじめっ子
あ?誰だテメェ
あなた

や、辞めなよ…(震)

いじめっ子
震えてんじゃんwww
いじめっ子
ざっこー
おい、逃げろ…
いじめっ子
お前は黙ってろ
蹴る
っく…
いじめっ子
お前も殴られてぇか?
あなた

っ…!!

早く逃げろっ!!!!
あなた

でもっ

早く行け!!!!!
あなた

は、はいっ…




追い掛けて来ていたがその子が止めてくれた。





いつか恩返ししなきゃ…











やば。パシられてたんだった…













どうしよ…











あなた

お、遅れてごめんなさい…

いじめっ子
遅せぇよー
いじめっ子
うっわお前きったね
いじめっ子
最悪。こんなもん食えるかよ
あなた

え、でも

いじめっ子
どっか行けぶーす


買ってきたものをゴミ箱に投げ捨てられた。





あなた

あ…

いじめっ子
チッ 帰ろーぜ




そして彼らは帰って行った。

















あなた

私も帰ろ。




帰るつもりがさっきの路地裏に来てしまった。






さっきと同じように覗いた。





…。
あなた

あっ…!!!




血まみれで倒れていた。



あなた

大丈夫…!?!?

ん…
…!触るなっ!!!!
あなた

ご、ごめん!!

あ、さっきの…
あなた

さっきぶりだね

おう
あなた

あなたもいじめられてるの…?

そうだけど…もってことは
あなた

私もなんだよね…

そうか。お互い頑張ろうな
あなた

うん

じゃ、
あなた

あ、名前…



と聞く前に彼は走り去って行った。

















シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

りんご
りんご
🐢 誰か分かるのかなぁ…?
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る