無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第58話

ごじゅうご
11月も下旬にさ差しかかる頃、
天界憂花の体には、限界がきていた。






憂花の、体に異常が起きていることは皆も薄々気づいていた。
_天界 憂花@てんかい ゆうか_
天界 憂花てんかい ゆうか
おはよ〜、眠っ…
耳郎 響香
憂花大丈夫?
_天界 憂花@てんかい ゆうか_
天界 憂花てんかい ゆうか
ん、大丈夫〜。
蛙吹 梅雨
大丈夫じゃないと思うわ、やつれてきてるもの。
葉隠 透
ちょっと、休んだ方がいいんじゃない?
_天界 憂花@てんかい ゆうか_
天界 憂花てんかい ゆうか
そう…した方がいい?
全員
うん、
ドール・ザ・ジェル
ドール・ザ・ジェル
グッ…
すると、ジェルが大きいホワイトボードに何かを書き始めた。



______________

憂花さんは、24時間個性を使い続けています。

私と同じ人形を数十体作り、周辺の見回りに徹しています。 

その結果、三週間程でスケルトンの部下を100人以上捕獲することができています。

おそらく、その疲労は24時間個性を使い続けたから…だと思います。

_______________
全員
えっ…
瀬呂 範太
24時間、個性を使い続けて…
八百万 百
三週間…
______________

回復していますが、全く効果が有りません。

あったとしても、すぐ限界が来て元に戻ってしまいます。

______________


全員が、ジェルの書いた文を読んだ。
衝撃を受けた、1-Aに沈黙が流れた。





暗い沈黙を破ったのは、委員長だった。
飯田 天哉
一人で、抱え込まなくてもいい。
ここにいるのは、全員天界くんの仲間だ。
飯田 天哉
誰を、頼ってくれてもいい。
一人で抱え込むのは禁止だ。
_天界 憂花@てんかい ゆうか_
天界 憂花てんかい ゆうか
そうだね、私には皆がいる…か…
憂花は、倒れかけた。


倒れかけた体を支えててくれる爆豪。
爆豪 勝己
……ばーさんとこ行っている。
_天界 憂花@てんかい ゆうか_
天界 憂花てんかい ゆうか
ご、めん…かつ…き…


《爆豪side》
倒れるまで、一人で抱えてたんかよ。

少しは、頼れよな。





爆豪は、憂花をベットに寝かした。
リカバリーガール
いやぁー、体に負荷が行きまくってんね。
リカバリーガール
限界突破してるさね。
リカバリーガール
私の治癒では、無理だね。
爆豪 勝己
なんでだ?
リカバリーガール
身体に、影響がないからさ。
リカバリーガール
体に負荷っていうより、心だね。
リカバリーガール
原因は、本人じゃないとわかないよ。
あんときも、俺が気づかなかったらまた一人で抱えてたし。
 

頼るって、ことをしらねぇーのか?

一人で、できねぇー事もあんのに。
もっと、俺を頼れよな…。
「爆豪side終わり、」


次の瞬間、部屋が爆発した。
リカバリーガール
わっ!!
爆豪は、とっさに理解しリカバリーガールを庇うように立った。
保健室に、相澤先生が入ってきた。
相澤 消太
何がa…
相澤先生が、見たのは憂花の左手から出てる黒い物体だった。
相澤先生は、個性を使った。
このとき、先生は何かを思い出した。
天界 人形てんかい にらん
  「個性が出たとき止めて欲しいんだ」  
相澤 消太
((個性が発現したのか…!!!