無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

Prologue
風早叶恵
風早叶恵
ポケーー
……なえ
かなえ……
叶恵!
風早叶恵
風早叶恵
ハッ!
風早叶恵
風早叶恵
なに?お母さん
何ってずっと楽しみにしてたじゃない
進級祝い
風早叶恵
風早叶恵
………
風早叶恵
風早叶恵
ああ!
ああ!って……
ほら、これよ
風早叶恵
風早叶恵
開けていい?
          ガサゴソ
風早叶恵
風早叶恵
ラッピングセットとレターセット?
お母さんと話してこれが良いだろうと思ってな いずれ使う時がくるさ
叶恵も女の子だしこのくらいの年頃になれば………
風早叶恵
風早叶恵
なれば……何?
この年になったら私は何をするって?


いや ニコニコして何も答えてくれないんですけど……


一体このセットらは何に使うんだか
風早叶恵
風早叶恵
う〜ん(とりあえず……)
風早叶恵
風早叶恵
ありがとう
〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜


部屋
風早叶恵
風早叶恵
さて、1人議論するか 議題1
『これらを何に使うのか』


これまで誰かに物をあげたのはほとんど無いに等しい


ましてや友達と手紙のやり取り的なこともした事ない
風早叶恵
風早叶恵
そーいえば幼稚園のときにバースデーカード皆して書いたな 下手だけどw
風早叶恵
風早叶恵
でもあれって悪く言えば先生に『書かされた』ようなものだな……
風早叶恵
風早叶恵
自分の意思でやった事に思い当たる節はない ウーン次に行こう
風早叶恵
風早叶恵
議題2
『この年になれば一体何をするのか』


これは難題だ


まず、私は中2だから中学生からやり始めそうなの上げてくか
風早叶恵
風早叶恵
ラインはフツーにやってるし……
てかこのセットに何も関係性なし
風早叶恵
風早叶恵
あ 何も思いつかない
私って関連性に弱いからなぁ
全然繫がるワードがない
風早叶恵
風早叶恵
ハァ……
風早叶恵
風早叶恵
議論終わり!もういいや!
風早叶恵
風早叶恵
お風呂入ろ
さて今日は何を聞こうかねぇ


そういえばいつからだったかな お風呂場に携帯持ち込んで曲聞くようになったの


ちっちゃい頃、お風呂入るの嫌がってたらしいんだよね私


そこで当時好きだった曲をお母さんが流して誘い出すと素直に入ってくれて しばらくそうしてたんだ


一旦卒業したけど無音の場所が嫌でまた流すようになった


今は中1から使ってる自分のスマホで聞いてる
風早叶恵
風早叶恵
無音の場所、世界はとてつもなく寂しくて嫌だ
〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜
風早叶恵
風早叶恵
はぁ……ねむっ
風早叶恵
風早叶恵
進級祝いのはまた明日以降に議論だな
そして私は今日という日にさよならをしにベッドに向かう


そして明日という日に会いに電気を消し 明日に行く準備をする
風早叶恵
風早叶恵
さようなら今日
風早叶恵
風早叶恵
そして明日は私を快く迎えてくれるかな
そう言って眠りにつくのが私の習慣