無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
60
2021/07/02

第3話

あれ?
「棘〜疲れたよ〜」
棘「しゃけ」


それは、これも全てあの、目隠しのせい、、、
任務に派遣される3時間前に、1級を祓いに行かされなんだよ、まじ覚えとけ悟(^ω^💢)





「んで、ここが稲荷崎高校か、クラス一緒じゃないから、困ったら電話でよろしくね」
棘「しゃけ、いくら」(ありがとう)





棘にそう伝えると、私達は別れ、それぞれの教室へ向かった
(手続きは前にすんでるから)


挨拶どうしよう、こう見えて人見知りです







教室の前まで来て、担任に呼ばれるのを待ちながら、午後の予定を確かめる、結構入ってるな、って思ったら、悟のが2件あった
今度、お土産買おうと思ったけどやめとこ



あれ、なんか最近悟にキレまくってんな‪w