無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第9話

タイトル思いつかん
グリム
ふなっ⁉︎
エース・トラッポラ
プッ………あははッ!もう堪えるの無理だ!あははは!
エース・トラッポラ
なぁお前ら2人昨日入学式で暴れてた奴らだろ?
エース・トラッポラ
闇の鏡に呼ばれたのに魔法が使えない奴とお呼びじゃないのに乱入してきたモンスター。
エース・トラッポラ
やー、入学式で笑い堪えるの必死だったわ。
グリム
なぬ⁉︎しっ、失礼なヤツなんだゾ!
ユウ
初対面の人にそんなこと言うなんてマナーがなってないんじゃない?
このハート野郎が
エース・トラッポラ
うわっ口悪いなお前
エース・トラッポラ
あ、だけど確かお前ら入学できたんだよな2人で1つの生徒として
エース・トラッポラ
2人で1つとか、しかも1人はモンスター、ははっ、めっちゃうけるw
グリム
にゃにおぉおう………⁉︎
エース・トラッポラ
で、そっちの奴は闇の鏡にどの寮も相応しいとか言われてた天才君だろ?
あなた
天才かは分からないが多分そうだ
エース・トラッポラ
こんな奴とつるむとかホント天才のやることって理解できねーわw
エース・トラッポラ
あっ、もしかして学園長から頼まれた?それだったら気の毒だなお前
あなた
そんなの誰と関わろーが俺の勝手だろ
俺は自分の意思でこいつらといるんだよ
あなた
(なんかエースめっちゃ煽りスキルがゲームより高くなってないか?)
←エース推しの方々
ご気分を害されていたら大変申し訳ありません_| ̄|○
エース・トラッポラ
あっそーですか
ユウ
(か‥カッコいい、
さすが僕のあなた!←?)
エース・トラッポラ
だけど「グレート・セブン」も知らないなんてお前らどんだけ世間知らずなんだよ
エース・トラッポラ
ナイトレイブンカレッジに来る前に幼稚園からやり直すことをオススメするわ
エース・トラッポラ
ぷくく……
グリム
ぐぬぬぬぬぬ………
エース・トラッポラ
ちょっとからかってやろうと思って声かけたけど色々と予想を超えてたね。
エース・トラッポラ
んじゃ、オレは授業あるんで。
せいぜい頑張ってね♪
グリム
コイツ〜〜!言わせておけば!もう怒ったゾ!
ユウ
こいつ下手に出ておけば調子乗りやがって…今から◯す
あなた
待て待てユウ、そんな物騒なこと言うんじゃない
グリム
ふな〜〜〜〜っ!
エース・トラッポラ
うわっ!
っと、危ねえ!何すんだよ!
グリム
オレ様を馬鹿にするからだ!
その爆発頭をもっと爆発させてやるんだゾ!
あなた
ば、爆発頭ww
ユウ
グリム!
正直に言い過ぎだよ!ハート野郎がかわいそうでしょ!
エース・トラッポラ
いや、お前が1番酷いからな?
エース・トラッポラ
ともかく、オレとやろうなんて良い度胸じゃん
エース・トラッポラ
そっちこそ全身チリチリのトイプードルにしてやる!
ユウ
何言ってんのハート野郎?
グリムは狸だよ
あなた
いやグリムは猫だろ
グリム
オレ様トイプードルでも狸でも猫でもないんだゾ!
グリム
ふな〜〜〜〜‼︎‼︎
エース・トラッポラ
おっと危ない。それっ!
グリム
コイツ、魔法でビュンビュン風を吹かせてくる!
オレ様の炎が曲がっちまうんだゾ!
                     next
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
変なとこで切ってしまいすいやせんby作者