無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

授業の時間じゃぁぁぁあっ!
あなた
(こういうときは…)
あなた
身体能力UP!
←付与魔法的な奴
あなた
急げぇぇぇえ!
レ(゚∀゚;)ヘ三┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨
⁇⁇
あはっ、なにあいつ爆走してんだけど、おもしれ〜
⁇⁇
そうですね、今度声をかけてみましょうかフフッ
(1限目
あなた
`・ω・´)∋|ガラッ
あなた
(・:゚д゚::)ハァハァ
あなた
ま…間に合った
エペル・フェルミエ
遅かったねあなた
ジャック・ハウル
お前のことだから結構早いと思ってたんだが何かあったのか?
あなた
いやぁ、ちょっと用事が長引いちゃってな……
⁇⁇
お前たちさっさと席につけ
あなた
(おっ!このお声は!)
デイヴィス・クルーウェル
俺は魔法薬学を担当するデイヴィス・クルーウェルだ
デイヴィス・クルーウェル
気軽にクルーウェル様と呼んでいいぞ
あなた
(クルーウェル様やぁぁぁぁあ
やはりとてもお美しいぃぃい!)
←クルーウェル様推しである
←そして真顔でこれを思考中
←ポーカーフェイスLvMAXw
デイヴィス・クルーウェル
授業を始める。
……まず基本的な知識として
デイヴィス・クルーウェル
薬草と毒草100種類の名前と見分け方をお前らの小さい脳味噌にたたき込む
デイヴィス・クルーウェル
菌糸類はまた別だ。散歩中に知識なく口に入れて中毒にならないように、いずれ覚えてもらう
デイヴィス・クルーウェル
犬はすぐ拾い食いをするからな
デイヴィス・クルーウェル
テストで赤点をとる生徒が1匹を出ないように厳しく躾ていくからそのつもりで
あなた
(よし、全て何がなんでも覚えるか)
(1限目終了
デイヴィス・クルーウェル
Good boy、ならったことを忘れるなよ
あなた
 (生で拝めた…俺もう死んでもいいわ←)
あなた
(あ、ダメだ死んだら拝めなくなるわ)
エペル・フェルミエ
ふぅ、終わった…
ジャック・ハウル
覚えることが多いんだな
あなた
俺もう覚えたわ
エペル・フェルミエ
えっ!マg…ホント!
あなた
うん、なんかすんなり頭に入った
(トリップ補正か……?)
デイヴィス・クルーウェル
もう全て覚えるとは…やるじゃないか子犬ヾ(・∀・`*)←撫でた
デイヴィス・クルーウェル
次回も頑張れよ
あなた
ありがとうございます!
(クルーウェル様に褒められたぁぁぁあ
えっ、それに今撫でられた!?なんて今日は素晴らしい日なんだ……とゆうか去り方もカッコイイィィイ)
ジャック・ハウル
次は体力育成だ
あなた、エペル早く行くぞ
エペル・フェルミエ
うん、わかった
あなた
りょーかーい
(もう少し拝みたかった……)
(2限目
アシュトン・バルガス
オレはバルガス、お前らモヤシ共の体力育成を担当してやることになった
アシュトン・バルガス
優秀な魔法士は健全な肉体から!見ろ、毎日生卵を飲んで鍛えたこの筋肉!
あなた
(おー、実際だとこんな感じかかなり筋肉凄いな(。・о・。))
アシュトン・バルガス
魔法士たるもの、体力がないとな。そんなわけでまずはグラウンド20周、次に腕立て不正行為100回!
エペル・フェルミエ
…なかなか多い
あなた
(……走りきれるか?)
あなた
とりま走るか
あなた
シタタタッ ヘ(*¨)ノ
ジャック・ハウル
シタタタッ ヘ(*¨)ノ
ジャック・ハウル
あなたなかなか早いな
あなた
お前もなジャック
←2人して先頭独走中だZE!
エペル・フェルミエ
2人共凄い…!
僕も頑張らないと(ฅ`・ω・´)ฅ
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1000字こえたんでちょいと切りやすby作者