無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第5話

ユウ
ユウsiad
(オンボロ寮二階
ユウ
ふぅ、二階も大体終わったかな
あなた
おーい!ユウは何食いたいんだ?←大声
ユウ
僕オムライス食べたい!
ユウ
(あなたってホント優しいよなぁ
こんなとこ場所に来て不安だったから嬉しいや)
ユウ
(それにしてもココ下を眺めれて良いとこだな) 
あなた
ユウあんまり乗り出しすぎると危なi
ユウ
ボキッうわっ!落ちる!
ユウ
(どうしようこんなとこから落ちたらただじゃすまない)
ユウ
(あーあ、召喚の次は死ぬのか…
あなた達とは少ししか話せなかったけど良いやつだったな)
僕はもう助からないと諦めていた
だって結構高さがあったんだよ
誰でも助からないと思うじゃん
でも…
あなた
トスッ
あなた
ふぅ、間に合った
ユウ
(え、今何が)
ユウ
(た…助かった…のか?)
あなた
おいユウ大丈夫か?
ユウ
あ、うん//
ユウ
(か、顔が近い//)
ユウ
(あなたってホント綺麗な顔してるな)
あなた
そうかお前が無事でよかったニコッ
ユウ
ボンッ(//∇//)
ユウ
(か、かっこいいドキドキ)
ユウ
(ん?ドキドキ?
なんで僕あなたにドキドキしてるんだ)
あなた
ん?顔赤いぞホントに大丈夫か?
ユウ
だ、大丈夫(//∇//)
ユウ
(それより今お姫様抱っこされてる僕⁉︎)
ユウ
あ、あのそろそろ下ろして//
あなた
お、悪い持ちっぱなしだったな今下ろす
あなた
あそこは後で修理しないとな…
あなた
でもまずは飯食うか
確かオムライスだったよな今作ってくるからグリムと少し待ってな
ユウ
うん、分かったあなた
ユウ
(行っちゃった残念…
ん?残念?なんで?)
ユウ
(あぁ、そうか)
      
       僕はあなたに恋したのか



                    next
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
文章がヤバイって?
……語彙力が僕無いからそこは勘弁して(泣)by作者