無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

ここ何処?
あなた
いやここどこだよ
何も見えない暗闇の中に気づいたら俺はいた
あなた
俺確かツイステしてて
あなた
ツイステの世界行きてーなとか思ってたらいきなりなんか光って…
あなた
どいうことだ?
⁇⁇
お、やっと来たの
あなた
⁉︎お前誰だ
そこには変な格好をした爺さんが立っていた
⁇⁇
儂?儂は君たちの言う神様的な存在じゃ
あなた
(こいつ…)
あなた
(厨二病か)
神様
いや儂厨二病じゃない
あなた
(こいつ…心が読めて…)
神様
いや、だってまぁ儂神様だし?
神様
そんなことよりもさ
神様
さっき君ツイステの世界に行きたいって言ってたじゃん
神様
そしてあわよくば推しを拝みたいと
あなた
あ、あぁそうだが…
神様
その願い儂が叶えてやろう
あなた
え?
あなた
マジで
神様
マジじゃ
あなた
嬉しいけどさ、どうして急にそうなったんだ?普通送ったりすることって無いんじゃ…
神様
いや〜実はの
なんかあっちの世界に歪みが起きて誰か1人あっちに送ってバランス保たせないといけなくなって
神様
誰かいい人間おらんかなぁって探しとって丁度見つけたのが君じゃ
あなた
俺なんと言うラッキーボーイ
神様
しかしな実は…
あなた
もう元の世界には戻れない…とかだろ?
神様
神様
よく分かったの…
あなた
だってこんな上手い話があるわけ無いじゃん、誰だって疑うわ
神様
それもそうじゃな
神様
しかしスマホはあちらの世界でも使えるから家族と連絡などは出来るぞ
あなた
⁈本当かそれ
あなた
良かった、もう話せないのかと思ってたわ…
神様
いや、そんな悲しいこと流石にさせん
あなた
いやぁ助かった…
って何これ⁉︎なんか俺の体じわじわ消えてるんだけど
神様
おぉ、もう時間が来たようじゃな
神様
あともう何秒かでツイステの世界に転移するぞ
あなた
いや、唐突すぎね?
神様
あ、言い忘れておった
神様
ーーー特典をーーーーから君もーーーー使うことがーーーーーー
あなた
え、待ってよく聞こえない
ピカーーーーン←いや語彙力の無さよ
あなた
うわ!
あなた
え、あれ…?
次に目を開けると俺はまた違う場所にいた
あなた
いや、また暗い場所かよ
あなた
とゆうか神様最後いったいなんて言ってたんだ…
ギィッ←扉が開く
⁇⁇
ほら次は君の番ですよ
あなた
えっ
あなたは…

                    next
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー