無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

タルト作り
(学園裏の森
あなた
だいぶ拾えたな
エース・トラッポラ
早くトレイ先輩のとこ持って行こーぜ!
グリム
にゃっはー!タルト楽しみなんだゾ〜
(大食堂キッチン
トレイ・クローバー
お帰り。ずいぶんとたくさん拾えたな
ん、君は……
あなた
あ、どうも初めましてあなた神楽坂です
エース・トラッポラ
あなたにも手伝ってもらってたんですよ
トレイ・クローバー
そうか、ありがとなあなた
俺はトレイ・クローバー、3年だ
あなた
よろしくお願いしますクローバー先輩
グリム
なあなあ、これだけあればでっかいタルト作れるよな?
トレイ・クローバー
まぁその分、これだけの量を剥くのは大変だと思うが………頑張れよ
デュース・スペード
これ、全部か………気が遠くなるな…………
トレイ・クローバー
おかしは下ごしらえが大切なんだ
ユウ
ねぇ僕あなたを連れて帰っちゃダメ?
エース・トラッポラ
何しれっと帰ろうとしてんだよ
グリム
抜け駆けはずるいんだゾユウ!
あなた
まぁまぁ、この後タルト食べれるかもしれないから頑張ろ、な?
ユウ
……あなたが言うなら
デュース・スペード
じゃ、早く終わらすぞ
(終わった
エース・トラッポラ
だーっ!やっと裏ごし全部終わった!
デュース・スペード
腕が痛い………
トレイ・クローバー
はは、お疲れ
苦労した分きっと上手いと思うぞ
グリム
もう匂いだけでお腹いっぱいなんだゾ〜
トレイ・クローバー
それにしてもあなたは手際がいいな
あなた
家で結構妹にお菓子とか作ってたんで慣れてるんです
トレイ・クローバー
なるほどな
ユウ
だからご飯とかも美味しいんだね!
あなた
フフッありがと
ユウ
(照れてる可愛い)
トレイ・クローバー
じゃ次はこのマロンペーストに砂糖とバターを加えて最後に隠し味のオイスターソースを適量加える
エーデュース
オイスターソース!?
トレイ・クローバー
そうそう、カキからたっぷり出た旨味がクリームに深いコクを与える
トレイ・クローバー
この『セイウチ印のヤングオイスターソース』
あなた
……
(ヤバい吹きそうwwwとゆうかエーデュース息ぴったりすぎな)
トレイ・クローバー
有名パティシエならタルトにこれを使わないやつはいないぞ
ユウ
……
あなた
(おっ、ユウも笑いこらえてるな、顔めっちゃニヤけてるわ)
デュース・スペード
マジか………かなりしょっぱいソースだよな
エース・トラッポラ
でも確かにカレーにチョコ入れたりするし…………アリなのかも
あなた
 (やべもう耐えれない)
トレイ・クローバー
……プッ、アッハッハ!
ユウ
アッハハꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)アハハ
あなた
クククッ笑
グリム
なんでお前らそんな笑ってるんだ?
ユウ
フフッいや、見事に引っかかったエーデュースが面白くて笑
あなた
だよな笑
エーデュース
え?
トレイ・クローバー
嘘だよ、オイスターソースなんか入れるわけないだろ
エース・トラッポラ
なんだよ!本気にしちゃったんじゃん
トレイ・クローバー
ははっ!ちょっと考えればありえないってわかるだろ。なあユウ、あなた
ユウ
ですよね先輩
あなた
そもそも入れたらしょっぱくなりますよせっかくあまいのに
トレイ・クローバー
ま、なんでも鵜呑みにせず疑ってかかれってことだな。教訓、教訓
グリム
コイツ、優しそうに見えてサラッと嘘をつくヤツなんだゾ……
ユウ
こら、グリム先輩そんな事言わないの((コソッ))
トレイ・クローバー
次に生クリームを……あっ!
エース・トラッポラ
どーしたんすか?
トレイ・クローバー
お前たちがたくさん栗をとってきてくれたから調子に乗ってマロンペーストを作りすぎた
エース・トラッポラ
混ぜる生クリームが少し足りないな
デュース・スペード
僕買ってきますよ、学内の購買部で売ってますか?
トレイ・クローバー
あの店、だいたいなんでも揃ってるから置いてると思うぞ、ついでに他にも買い出し頼んでいいか?
トレイ・クローバー
牛乳2パック、卵2パック
アルミカップと果物の缶詰5つと……
デュース・スペード
1人じゃ持ち切れそうにないな、誰か一緒に来てくれるか?
あなた
じゃ、俺g
ユウ
大丈夫だよあなた、僕行くよっ!
あなた
そうか?じゃあ、お願い
ユウ
うん、任せて!
(デュースと二人っきりにさせてたまるか、あいつ鈍感だから気持ちに気づいてないがきずくのも時間の問題……これ以上ライバル増やしてたまるか)
グリム
オレ様も行くんだゾッ!もう粉をマゼマゼするの疲れた〜!
あなた
(マゼマゼって可愛いかよ)
                                                                           next
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー