無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第27話

夢主の過去 ⚠️シリアスかも
(キッチン
エース・トラッポラ
そういえばさ、あなたの家族ってどんな人達なの?
あなた
え?
トレイ・クローバー
唐突だなエース、だが確かにそれは気になるな
トレイ・クローバー
どんな人達なんだ?
あなた
……母は優しくて料理が上手でとても綺麗な人でした。父はみんなから慕われるリーダーみたいな人達でしたね。あと2歳違いの妹はゲームとかが好きです。
トレイ・クローバー
(なんで過去形なんだ……?)
エース・トラッポラ
ねぇあなたなんで過去形なんだよ
あなた
え、だって5年前に亡くなってるし
エース・トラッポラ
え…ゴメン聞いて……
トレイ・クローバー
……すまない、聞いて悪かったな
あなた
いえ、別に大丈夫です、もうすぎたことなので
エース・トラッポラ
今まで家事とか自分でしてきたのか?
あなた
そうだな、だいたい俺がしてた
あなた
(聞いて悪いか、いつも聞くセリフだな)
あなた
(でも妹を守らないといけなかったから悲しんでる暇なかったんだよなあの時)
ーーーー

ーー

(5年前
ね〜、まだ着かないの?
あなた
そのセリフ5分前にも言ったぞ
お母さん
フフッ、相変わらず仲良いわね、
ねぇあなた、あとどれくらいで着くの?
お父さん
んー、あと30分ってとこだな
あと30分も!?待てない!
あなた
楽しみにしてるのは分かったから少し落ち着け夢
この日は家族で遊園地に行く予定だった

妹の夢は、ずっとはしゃいでた
お父さん
ん?なんか前の方が騒がしいな
お母さん
何かあったのかしら
あなた
誰か事故ったんじゃね?
事故かー、そんな大規模じゃないといいけどね
あなた
そうだな
その後ずっと笑いながら色々話してた

まさかあんなことになるとも知らず
🚕三┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

お父さん
逆走してるな
お母さん
危ないわね……
危ないと思った次の瞬間
ねぇ!こっち向かってきてない!?
お父さん
まずい!
その後父さんはすぐに避けようとしたけど

遅かった



((((((((((Σ[車]ガコッ!
お父さん
うわ!
お母さん
きゃー!
あなた
うっ
俺は咄嗟に妹に抱きつき衝撃から守ったがあまり意味はなく全身に衝撃が来た


意識が遠のいていく中俺が最後に見たのは血まみれになった両親たちだった



(病院
あなた
……うっ、…………ここは?
あなた
あれ、確か俺事故に……
看護師
失礼しまs……
!先生あなた君目を覚ましました!!!早く来てください!←なんか連絡してる
あなた
(夢はそこで寝てるな
でも父さんたちはどこだ?別室か?)
あなた
あの、すみません父さん達どこいるか知ってます?
看護師
……っ!残念ですがあなたの両親はもうお亡くなりに……
あなた
えっ
え、父さんたちが死んだ?

冗談だよな?さっきまで話してたんだそんなことあるわけない
あなた
ホント……ですか?
看護師
…………はい
あなた
そ……ん…なウウッ‪(  •̥ ˍ •̥  )‬
冗談であって欲しかった

けれど現実は残酷だった

俺はさっきまで喋っていた父さんたちがもう死んだということを受け止めきれず、泣いていた

……ん?ここどこ……?
あなた
あ……夢…
そうだ

泣いている暇なんかない

俺には夢がいる

俺がしっかりしないと
あなた
ここは病院だよ夢
確かあの時車が突っ込んできて……
はっ!お父さんちは!?
あなた
……(( -  -)(-  -))フルフル
そんな……
うわぁぁぁん、お父さん!お母さん!
嫌だ嫌だもう会えないなんて嫌だよ……!
あなた
夢、大丈夫
お兄ちゃんがずっとそばにいるから
ね?だから泣き止んで
ウウッ、ほんと?お兄ちゃんはどこにも行かない?グスッ
あなた
うん、約束する
約束だよっ!!
ーーーー

ーー

あなた
(あんなこともあったなぁ、結局約束破っちゃったけど、こっちに夢も来れたりしないかな)
                                                                            next
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー