無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第20話

誰かこの状況どうにかしてくれ
ヴィル・シェーンハイト
あなたは絶対に磨けば光る…
私の次に美しくしてあげる!
あなた
え、えーと……
(待て待て待てマジで顔近い俺の心臓壊す気かこの顔面国宝様は)
ヴィル・シェーンハイト
毒の君、宝石の君がいきなりで戸惑っているようだ。その手を離してあげてはくれないかい?
あなた
(ルーク先輩!マジでありがとうございます!!このままだと俺の意識が飛んでました←ん?とゆうか宝石の君って何!?)
ヴィル・シェーンハイト
そ、そうね……ごめんなさいね、少し熱くなりすぎたわ
あなた
あ、いえ全然大丈夫ですよ
ヴィル・シェーンハイト
とにかく、あなたいつか必ずポムフィオーレに来なさいよ!いいわね?
あなた
分かりました
(人形になる予感しかないが……こんなイケメンにお願いされて断れるわけないだろぉぉぉお!)
あなた
ところでルーク先輩、宝石の君って一体……?
ルーク・ハント
もちろん君のことさ!君は正に宝石のように美しいからね
あなた
は、はぁ(俺よりもあんたらの方が美しいと思うんだが)
ジャック・ハウル
……あなた、まぁ頑張れ
あなた
そんな悟ったような言い方しないでおくれよジャック……
エペル・フェルミエ
えっと……先輩方もここで食べられるんですか?
ヴィル・シェーンハイト
えぇ、あなたのことも見ておきたかったし
あなた
(あ、ほんとだちゃっかり隣に座っておられる
……お れ の と な り?)
エペル     |     ジャック   |
ヴィル | あなた | ルーク |
あなた
(WOW顔近いのに気を取られてて全然きずいてなかったわ(白目))
ルーク・ハント
どうしたんだい宝石の君?
顔色が悪いようだよ
あなた
いえ、大丈夫です(あんたらの顔が良すぎるんだよ!)
あなた
(ん?……めちゃくちゃ視線を感じる)
あなた
| ・・)チラッ……?
あなた
(あーそういやここの場面だったな原作)
俺がみた先にはハーツラビュルのイツメンとユウ、グリムの姿があった
ジャック・ハウル
なんかあいつら凄い見てくるな
エペル・フェルミエ
そうだね
あなた
(なんかユウの顔凄いことになってるんだが)
←ユウは現在般若のような顔してます
あなた
(とりま手振っとくか)
あなた
ニコッ(^ ^)/*~
ユウ
〜〜!
あなた
(なんか悶えてるな、どうしたんだ…?)
ジャック・ハウル
……無自覚って怖いな(ボソッ)
あなた
まぁいいや食べよ
あなた
ŧ‹”ŧ‹”( ‘ч’ )ŧ‹”ŧ‹”
エペル・フェルミエ
(可愛い!)
エペル・フェルミエ
カシャッ←んん?
あなた
ん?何か撮った?エペル
エペル・フェルミエ
あなたが食べてるとこ
あなた
……これって消してもらえt
エペル・フェルミエ
可愛く撮れたからダメ
あなた
oh......
あなた
せめてなんか言ってからとって……
エペル・フェルミエ
!わかった
エペル・フェルミエ
(許可もらっちゃった……これからもっと撮っていいんだ!よしっ!)
(で、しばらくたって
あなた
じゃあ、俺はこれで……
ヴィル・シェーンハイト
あら、どこへ行くの?
あなた
ちょっと図書室とかに調べ物に……
あなた
じゃあ、またエペル、ジャック
ジャック・ハウル
おう
エペル・フェルミエ
またねあなた
ルーク・ハント
ぜひ今度ポムフィオーレに来てくれたまえ宝石の君
あなた
はは、機会があれば……
そうして俺は図書館に足を進めた

next
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー