無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

980
2021/08/08

第4話

いつからか N.O
化学室

メール

織山『あなた、放課後化学室で』 

 『わかった』

いつからだろうかこの関係になったのは幼馴染の貴方と

 『なおっ、んあっ、…』
ウィーン、ウィーン

織山『まだイっちゃ駄目だよ』

 『あっ、んあっ、ムリっ』

織山『駄目じゃんイったら』

鳴り響く機械音でまた尚大に、

織山『イキ地獄ね』

 『えっ?』

織山『中にしよっかな』

ウィーン、また鳴り響く

 『あっ、あっんあっ、』

織山『隣に聞こえるかもね』

 『あっ、あっ、イクッあっ、』

 『あっ、んあっあっ、』

織山『ねぇ、こんなに制服汚れてるよ、あなたの白い液でね』

 『あっん、あっイクッ』

カチッ 急に止められたおもちゃ

織山『入れるよ』

 『んふぁ、んっあっ』

織山『ヤバいね、めっちゃキツい』

 『んあっ、なおっ』

パンパンッパンパンッ、 肌と肌が触れ合う音

 『あっ、んあっ、なおっイクッ』

織山『俺もっ』

織山『明日、放課後化学室ね』

 『うんっ』

どうしてこんな関係になったのかな

けど、尚大の隣に居られるならと考える私は彼の沼にハマっているかもしれない

NEXT J.T 青