無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,049
2021/08/07

第3話

誰も知らないオフィス K.N 緑
 『海人先輩これどうすればいいと思いますか?』
 
なんて言う君は僕が教育係を務めている

可愛い顔して、俺はもう君に堕ちているだろうか

中村『これ、締切明日までなんだ一緒に残業する?』

 『迷惑かけられませんよ』

中村『迷惑じゃないからさ』

 『じゃあ、お言葉に甘えて宜しくお願いします』

どんどん社員が帰るなか熱心にパソコンを見ている君、どの人よりも魅力的

 『海人先輩ここがわからないです』  

中村『あぁ、そこはねこうしたら』

グッと近づいたときに香る君、

ねぇ、襲っていいかな

中村『ねぇ、あなたってさ好きな人とか居るの?』

 『好きな人は居ます//』

なんで顔を赤めて言うの

ドサッ

 『きゃっ、』

中村『ねぇ、いい?』

 『海人先輩なら//』

中村『言ったからね』

チュ…

 『んあっ、』  

新人らしいシャツのボタンを3つあけたら始まりの合図

 『んっ、あっ、』

中村『下もう濡れてるよ?』

 『あっ、かいとっせんぱぃ』

中村『海人でいいよっ』  

 『かいとっ、あっ、イクッ』

淫れてる君も魅力的

 『ねぇ、海人の挿れて?』

なんて俺を狂わせてくる

中村『優しくできないから』

パンパンッパンパンッ

 『んあっ、あっ、』

中村『あなた…』

 『かいとっ、好きっ』

 『かいとっ…イくっ』

中村『俺もっ』

中村『ごめんっ、中出しちゃった』

 『あっ、ピル飲むので大丈夫です』

中村『こんな後に申し訳ないけど付き合ってください!』

 『もちろん』

中村『じゃあ、勤務以外はかいとって呼んでね』

 『か、かいとっ』


めっちゃ、可愛い生き物です
NEXT N.O (リクエスト)