無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

915
2021/08/09

第5話

酔い潰れて J.T 青
地方のライブ後、街を歩いたら一軒だけ違う雰囲気を放つバーがあった

 『いらっしゃいませっ』

 『初めましての方だよね?』

田中『あっ、はいっ』

 『タメでいいよ多分年上だし』 

田中『わかった』

田中『あの他にはお客さんは?』

 『あぁ、お兄さん気づかんかったと思うけどお店の前にCLOSEのやつ掛けとったよ』

田中『えっ、閉店してたの!』

 『おんっ、まぁ、お兄さん会えたからええけど』

田中『だったらお姉さんもなんか飲めば』

 『ん〜、お酒苦手なんよね私、酔ったら、送ってくれるならいいよっ』

田中『ん、送る』

 『んっ、はいっ、これ飲み切れたらお兄さんっ相当お酒強いかもね』

田中『意地悪するバーなのっ?』

 『うそうそ、私飲むのと一緒だから、弱いやつだよ』

田中『ありがとっ、』

 『あぁ〜、私お店鍵かけてくるね酔ったらかけられないから』

田中『酔う気まんまんじゃん(笑)』

10分後

 『んあっ〜、お兄さんっ一杯いれてっ』

田中『酔ってるじゃん、もう送るよ』

 『まだ、帰らないっ』

田中『てか、お家どこっ?』

 『んっ、ちゅーしてっ』

田中『そんなこと、シたくなるじゃん』 

 『いいじゃん、ヤろっ』

田中『後悔するなよ』

 『うんっ、チュッパッチュンアッチュッ』

田中『チュッ、レロッレロ』

 『んっ、おにいっさんっ』

田中『んっ、樹って呼んで?』

 『じゅっり、』

田中『入れるね』

 『んっ、はぁっ、』

パンパンパンパン

 『あっ、んあっ』

田中『あっ、、イクッ』

 『んあっ、私もっ』

田中『もう一回ヤっていい?』

 『いいよっ』

田中『チュッ』

 『んあっ、ねぇ、入れて?』 

田中『欲しがりだね、わかった』
 
 『ふぁっ、』

田中『中キツっ』  

 『んあっ、樹』

田中『ん?激しくするよ』

パンパンパンパン

 『んあっ、じゅりイクッ』

 『はぁっ、はぁっ』

田中『もう、寝よっか おやすみっ、』

名前も知らないついさっき出会った人を襲ってしまいました



 『ふぁっ、』

田中『おはよっ』

 『ん、おはよっ帰らなくて大丈夫?』

田中『あっ、ヤバい行かないと』

 『あぁ、送るよ』

田中『ありがとっ』



 『また、仕事あったら来てね』

田中『もちろん、ねぇ、名前教えて』

 『次、逢ったら教えるね』

田中『わかった、約束ね、』

 『うん、約束』


アンケート

何時に作品を投稿してほしいか
10時〜15時
19%
16時〜19時
38%
20時〜23時
33%
0時〜5時
3%
6時〜9時
7%
投票数: 100票
NEXT U.S (リクエスト)