無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,801
2021/08/13

第7話

迎えに行くから K.T 紫
『きょっへ、んあっ、』

恭平『一緒にイこっか』

 『んあっ、あっ、イクッ』

恭平『はぁ、はぁ、』

 『ふはぁ、はぁ、』

恭平『旦那さんと喧嘩したん?』

そう、今俺の前にいる女は既婚者

結婚する前夜に俺に出会って、こんな関係がもう3年続いてる

 『喧嘩は、したよ』

恭平『なーんで?』

 『なんかね、旦那さんが子供が欲しいんだって』

 『けど、私ね恭平くん以外は中出しされたくないから』

恭平『今から中出しする?』

 『今日はダーメ。ピルの残りないから』

恭平『離婚して俺のところこればええのに』

 『行きたいけど、親がヤバいから』  

彼女は社長令嬢で親に決められた相手と結婚している

恭平『じゃあ、今度のパーティの時に迎え行くよ』

そうなんです。実はあなたの親の会社で働いているんですよ僕。

 『ん〜、けど、親と離れるし、恭平くん仕事を失うんだよ?』

恭平『失ってもいいよっ、あなたの為なら』

 『じゃあ、王子様ぽく来てね』

恭平『うんっ、』

パーティ

今日、迎えに行く

中盤

 父『今日は来てくれてありがとう娘を紹介したいと思う』

 『はい、皆様はじめましてっ』

恭平『あなた!』

 『んっ!』

恭平『行こっ(手を掴む)』

 『うんっ!』

父『何をしているんだ』

恭平『あなたさんは僕のなので、行こっ』

会場から出て今はホテル

 『恭平くん王子様みたいだったよ』

恭平『ありがとっ、てかドレス露出多いんだけだけど』

 『あぁ、確かに』

恭平『ねぇ、エロいから、一緒に子づくりせえへん?』
 
 『きゃっ、んっパッチュッパッチュ』

恭平『綺麗だよっ』

 『あっ、んあっ、』  

 『イクッ』

恭平『俺もっ』

恭平『ねぇ、遅れたけど俺と結婚せぇへん?』  

 『はいっ、』

こんな感じで俺らの交際0日婚が決まった

NEXT K.H (リクエスト)
主です。
アンケートの結果がでました。
圧倒的、16時〜19時が多かったのでその時間帯に投稿していきたいと思います。