プリ小説

第5話

5 マホト
あなたどんな服きてきてくれるかな((o(。>ω<。)o))
マホト
マホト
やっべーちょー楽しみだ
俺はあなたに早く会いたくていつもよりも早く家を出た
少し待っていたらあなたが急いで来た
あなた

マホトごめん遅れちゃった

やっべーめっちゃ可愛い
心臓が破裂しそうなくらいドキドキしている
マホト
マホト
いや、時間よりも早いからだいじょぶだよ笑
あ、
マホト
マホト
そんなことよりも俺が前買ってあげた腕時計付けてるんだね
あなた可愛すぎんだろ
あなた

うん!
これ結構気に入ってるんだよねー

マホト
マホト
あら
良かった
めっちゃ嬉しいわ😳
あなた

うん

映画館についたけど、観るの決めてなかった、、
あなた

マホトなんの映画観るの?

やっぱ言われた
マホト
マホト
えー、決めてない
あ、今おいって顔したな
かわいい
マホト
マホト
あなた観たいのとかないの?
とりあえず聞いてみるか
あなた

うーん

あなた

あ!
あの映画見たい!

あなたが指さした先には恋愛ものの映画だった

ま、付き合ってもらってるからいっか
マホト
マホト
ふーん、良いよ
観よ
あなた

うん!

かわいーー(>_>)
殺す気かよ
俺達はポップコーンと炭酸のジュースを買って映画を観た
映画が始まった





横を見るといつもとは少し違う可愛さがあるあなた
なんか色っぽいな



好きだ、
映画がもうすぐ終わるとき
あなた

私もこんな恋愛したいな(ボソッ)


こんな恋愛、、

俺は、お前とこんな恋愛がしたい。
マホト
マホト
なんか言った?(小さい声)
わざと聞いてみる
あなた

え?何も言ってないよ

なんか暗くてもわかるくらい顔が赤くなった
やっぱ可愛い
俺はあなたが欲しそうに見ていたストラップをクレーンゲームで取ってあげた
あなた

ありがとー!

すっげー笑顔じゃん今すぐにでも俺のものにしたいくらい可愛すぎる
マホト
マホト
いや、そんくらいなら全然いいよ
マホト
マホト
じゃ、今日は帰りますか
あなた

うん、そうだね、

なんで、悲しい顔をするんだ、、

この後俺達はタクシーで帰った

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

わかな
わかな
色々なYouTuberが好きです。 マホト、サグワ、imiga、ゆうこん、カイトなどが好きです。 NEWSも好きでFC会員です。
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る