無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

156
2021/09/16

第3話

🎀


『あ、っえ?』



?「あ、すまん!


  俺は上鳴電気!よろしくな!」



『あ、うん!ボクはあなた、柏木あなただよ!よろしくね上鳴くん!』



上鳴「おう!よろしくな!あなた!」





ひえっ、中学の時に出来た猫(まお)みたいなノリじゃない...((




上鳴「奏(そっち)は?」



奏「俺(そっち)って言うな((((」



上鳴「名前知らねぇんだもん w」



奏「」←



『ふっwwwwwwwwww』



『正論で返されたよ?wwwww』



奏「何この気持ち www」



上鳴「なんかごめんwwwww」



奏「ぇーw俺紫埜奏(しのかなで)!よろしくな上鳴w」



上鳴「おうよ!ww」





高校に入って初めてのお友達が出来た!((
今回(・・)は大丈夫...だよね、??







~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~




?「お友達ごっこしたいなら他所(よそ)へ行け

  ここは...ヒーロー科だぞ」



A組「(なんか!!!いるぅぅ!!!)」



?「ハイ、静かになるまで8秒かかりました

  時間は有限君たちは合理性に欠くね」



A組「(先生!!?)」



?「担任の相澤消太だ、よろしくね」



A組「(担任!!?)」



相澤「早速だが体操服着(コレ)着てグラウンドに出ろ

  ...柏木と紫埜はこいつらと違う更衣室用意してあるからそっち使ってね」



紫,柏「『!!』」



『まぁ...そうなるよね~ ... w』



奏「だな...w」





みんながわかんない様子だけど、いつかはボクの性別を明かさなきゃいけなきゃ行けないのかな~、...
体操服を持ってボクら専用の更衣室に行こうと思ったら相澤先生に耳打ちをされる。
内容はもちろん性別をの事だ、
「いつかは自分の口で性別を明かせよ」と言われた。














________それが簡単だったら言えたんだよな...。






NEXT↦