無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

688
2021/08/12

第54話

# 明日も明後日もボーダー
side : 出水 公平
俺がボーダーに入ってからしばらくして
やっと理解した派閥問題。
それを知るまでは所属も別で特に接点も無さそうな三輪と
名取が互いを避けあっていた理由がよく分からなかった。
接点が無いならば何か仲違いする様なことも無いだろうに。

始めはただ互いにあまり知らないから話さないだけかと思った。しかし、よく見てみると三輪は名取の事が見えた途端すぐにその場を離れていることがわかった。

極めつけは、





米屋 陽介
名取、ボーダーに居る三輪ってやつ知ってる?
you
知ってるよ
米屋 陽介
まじ!!今度一緒に飯食いに行こーぜ!
you
あー、、ごめん、遠慮しとく。
出水 公平
you
三輪君、多分私の事よく思ってないし
無理に近づくのは申し訳ない。
米屋 陽介
そうか?
you
うん、ごめん






これを聞いた時二人が良い関係では無いことがはっきりした。

俺がボーダー内の派閥問題や三輪の過去を知ったのは
その数ヶ月後だった。



△ ▲ △





you
で、補習はどうだったわけ?
仁礼 光
出来た!!
出水 公平
どこがだよ、真っ白だったじゃん

ヒカリのその自信満々な返事はどっから来るのだろうか。
このままでは本当に進級が怪しいのでは?
米屋 陽介
いいから早く飯食おーぜ
腹減ったー!と叫ぶ米屋の声でみんなご飯に手をつけ始めた。
三輪 秀次
陽介も仁礼もそろそろしっかりした方がいいと思うぞ。
you
うん。ボーダー内で留年したら根付さんがボーダーイメージが!とかって騒ぎそうだし。
出水 公平
確かに笑

あーそれは面倒くさいと嘆く米屋と全く気にしていないヒカリ。実際米屋も多分あんまり気にしていないだろう。
その後根付さんの話からボーダーあるある等の話に広がり
昼休みが終わった。

きっとここで別れてもどうせまた今日もボーダーで顔を合わせることになるのだろう。

△ ▲ △


米屋 陽介
あーーー!しゅーじ達に聞くの忘れた!!
出水 公平
うわっ、根付さんの話してる場合じゃねーよ
you
別になんも無いって
米屋 陽介
てかこいつに聞けばいいじゃん
出水 公平
名取ははぐらかすから駄目
you
ええ〜〜信用無い