無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

828
2021/07/14

第53話

# 交友関係
授業終わりのチャイムが鳴り始めるとともに、
バタバタと教科書を閉じる音がそこかしこで響く。
先生はそれに負けないよう声をワントーン上げて話を詰め込む。

チャイムが聞こえなくなる頃にはみんな椅子を立ち上がり
教室は更に騒がしくなる。

昼前の教室は大体そんな感じだ。

そんな私も例外で無く、椅子から離れてあいつらの方へ向かうと、すでに教室から出ようとしていた。
you
あれ、どこ行くの?
出水 公平
補習ですう
you
あ、そっか

朝の事をまだ根に持っているのか言い方が嫌味ったらしい。
you
私も着いてくわ〜
米屋 陽介
何かあるん?
you
購買行く
米屋 陽介
俺のも買っといて〜
you
お金くれたらいいよ
米屋 陽介
ソーセージのやつでよろしく!
you
出水はなんか要らんの?
出水 公平
何か甘いやつほしい、、
you
珍しい

廊下を歩きながらポンポン会話が弾む。
それが何か嬉しくて、暖かくて、
1日会わない事で居心地の良さを再認識した。



D組の前を通り過ぎようとした時、
丁度三輪がドアから出てくるのが視界に入った。

声をかけようかと思った瞬間に目が合う。
三輪 秀次
お、名取。

三輪から声をかけてくれるとは思っていなくて
少し驚いたが前よりも距離が縮まったようで嬉しい。
you
三輪、昨日ぶり。
出水 公平
ちょっとまったあ!!!
急に横槍が入り心臓が跳ねる。
本当に唐突だな?なんだ?
出水 公平
お前らいつの間に話すようになった!?
米屋 陽介
前まで仲悪かったよな???
三輪 秀次
まあ、確かに
you
昨日ちょっと話聞いてもらったんだよね
出水 公平
え、何その状況?どんな経緯で?
米屋 陽介
うわぁーーサボるんじゃなかったわーー
米屋 陽介
現場見たかったわーー
you
騒がしいな!!!

こんなちょっとの事で騒げるのは流石だが
ここは普通に廊下である。
大分うるさいのでそろそろやめてもらいたい。
仁礼 光
なんだなんだあ?

廊下の喧騒が耳に入ったのか教室からゆっくりと
出てきたヒカリ。今日ボーダー多いな。
仁礼 光
ボーダー勢揃いじゃねーか!
あたしも混ぜろ!!
you
ヒカリ今日も元気だね
仁礼 光
あなたじゃねーか!これ食う?

ヒカリが大粒のチョコを渡してくれた。
会うといつもお菓子をくれる。

you
やった!ありがと!
you
あ、出水たち補習は?
出水 公平
あ"ーーー忘れてた
米屋 陽介
面倒くせえ、、
三輪 秀次
お前も補習だろ。仁礼。
仁礼 光
そうだっけか?

ヒカリ、、
テストもダメで補習まで忘れると流石に留年が、、

補習組イェーイとハイタッチをする米屋とヒカリ。
それを不服そうに眺める出水の図は見ていて面白いが。

you
三輪今日も屋上?
三輪 秀次
ああ。
you
購買行ったらそっち行ってもいい?
三輪 秀次
別に構わないが。
you
出水達も終わったら屋上ね。
米屋 陽介
お、大人数いいねえ


三輪だけが何とも言えない表情をしていたが、
嫌だとは言わないのでまあいいのだろう。
you
ヒカリもちゃんと来てよ〜
仁礼 光
おう!!

去り際に「終わったら問い詰めるからなー!!」
と言って去っていった2人に話す事なんて特に無いが?と思いながら購買へ向かった。

終始ヒカリは何の話?という顔をしていたのが面白かった。