前の話
一覧へ
次の話

第1話

お名前呼んでみる
1,796
2022/06/18 14:44
あなた
それで逆先くん、次のライブの
演出のことなんだけど…
逆先夏目
逆先夏目
子猫ちゃん、ボクの名前、
呼んでくれるかナ?
あなた
え、えっと…逆先くん…?
逆先夏目
逆先夏目
確かにボクは逆先くんだけれド、
逆先夏目、なんだけどナ
あなた
えーと、つまり?
逆先夏目
逆先夏目
フフ、まだ分からないなんテ、
子猫ちゃんは鈍感だネ
逆先夏目
逆先夏目
ボクのこと、夏目、って呼んでみてヨ
あなた
え…えー!?それはまた唐突な要望だなぁ…
逆先夏目
逆先夏目
ほラ、な、つ、め、ハイ♪
あなた
う、うぅ…な…
逆先夏目
逆先夏目
な?
あなた
な、なつ…
あなた
…逆先くん…
あなた
恥ずかしくて言えないよ〜…
逆先夏目
逆先夏目
フフ、かわいい子猫ちゃんの顔が
見れたから今回は許してあげるヨ♪
あなた
そ、そんなこと言うなら、逆先くんだって
私のこと、名前で呼んでみてよ
逆先夏目
逆先夏目
子猫ちゃんは子猫ちゃんだから、
ボクは呼ばないっていう決まりなんダ
あなた
なんですかそれ!?理不尽だよ!
あなた
っていうか、子猫ちゃんって、
私そんなに猫っぽいかな?
逆先夏目
逆先夏目
猫っぽいというか、かわいい方が近いかナ
逆先夏目
逆先夏目
そうじゃなきゃ、ボクも
子猫ちゃんとは呼ばないヨ
あなた
私、いつか逆先くんに名前で
呼ばれるの、待ってるよ
逆先夏目
逆先夏目
ふぅン…
逆先夏目
逆先夏目
ねぇ、子猫ちゃん、このライブ、
開催する時に子猫ちゃんは
見てくれるのかイ?
あなた
うん!もちろん!
舞台裏からにはなるけど、
しっかり見てるよ!
逆先夏目
逆先夏目
お客さんと子猫ちゃんを驚かして
楽しませるステージにするから、
しっかりボクを見ていてネ、あなた
あなた
逆先くんのこと、ちゃんと見てるね……ん?
あなた
今、名前で呼んだ!?
呼んだよね!?
あなた
もう1回!もう1回!
逆先夏目
逆先夏目
ダーメ、1回だけだヨ
あなた
なんで〜!?意地悪だよ〜!!
逆先夏目
逆先夏目
子猫ちゃんもボクのことを
名前で呼んでくれたら考えるかナ
あなた
ぐっ…なんとしてでも言わせる気だね…
あなた
ならこっちだって!
あなた
逆先く〜ん、私の名前は〜?
逆先夏目
逆先夏目
こね、ウッ…言わなイ
あなた
えぇ〜ひっどいなぁ〜
逆先夏目
逆先夏目
じゃあ子猫ちゃんだって
ボクの名前言ってみてヨ
あなた
逆先くん、はい言った
はい!逆先くんもどうぞ!
逆先夏目
逆先夏目
しぶといナ…
あなた
そっちもなかなかだね…
逆先夏目
逆先夏目
ハァア…ハイ、このゲームおしまいにしよウ
あなた
そうだね、仕事ちゃんとしよっか
あなた
と、いいつつ話を戻すけど
夏目くんの素敵な歌声とパフォーマンスで
私たちを楽しませてね!
逆先夏目
逆先夏目
名前ッ…呼んダ…?
あなた
こっ、これは名前呼んだとかじゃなく…
ま、魔法だから…
逆先夏目
逆先夏目
…ど、どういうことかナ?
あなた
逆先くんのほっぺを赤くする、魔法…?
逆先夏目
逆先夏目
なんで疑問形なノ…
あなた
えぇーと……照れ隠しです…
逆先夏目
逆先夏目
素直に言ったネ…
あなた
うぅ…何も言えません…
       そして沈黙がしばらく続き…
あなた
名前といつものと、どっちがよかった?
逆先夏目
逆先夏目
名前だと心臓が持たなそうだから
いつもどうりでいいことにしてあげル
あなた
私もそれで…
    

     
      その後2人は以前と変わらない
      呼び方で呼んでいたのであった…








            おまけ
逆先夏目
逆先夏目
そういえばだけど子猫ちゃんも
魔法が使えるなら、ボク達が
結婚したら魔法使い夫婦になるネ
あなた
け、結婚!?








      

      閲覧ありがとうございました!

プリ小説オーディオドラマ