無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第4話

卍3話卍
莉犬
莉犬
ねぇねぇ皆、あのさ
ジェル
ジェル
言いたいことはわかるで?
ななもり
ななもり
ユウの能力についてあのクソ親父が聞けってことだろ?
るぅと
るぅと
ど、どうします?
ころん
ころん
聞かないとダメだよね?
さとみ
さとみ
誰が聞く?
すとぷり
すとぷり
...(しーん)
莉犬
莉犬
皆できこうよ!
ジェル
ジェル
それがいいな!
ガチャ
ユウ
ユウ
いいお湯だった〜!
ななもり
ななもり
ユウちょっといいか?
るぅと
るぅと
あの...能力を教えてもらっていいですか?
莉犬
莉犬
ユウだけ分からないと親父が、聞けって
ころん
ころん
ちょ、莉犬!
さとみ
さとみ
親父のことは言わなくていいでしょ!w
ジェル
ジェル
まぁいいやんけw
ユウ
ユウ
...そうだね教えないとね
すとぷり
すとぷり
(ユウの方をジッと見る)
ユウ
ユウ
あのね、驚かないでよ?
ユウ
ユウ
言うより見せた方が早いか、ちょっと水面台にきて?
ユウ
ユウ
まず水ね!(水鉄砲のように出す)
ころん
ころん
俺の能力と似てる...
ユウ
ユウ
そして炎!(指先から火を出す)
莉犬
莉犬
僕の能力!?
ユウ
ユウ
大地を作り出せるよ!(作り出した土を見せる)
ジェル
ジェル
俺の能力やな、驚かへんで
ユウ
ユウ
風も出せるんだ!(立てて置いた本を吹き飛ばす)
さとみ
さとみ
俺の能力も使えるんだね!
ユウ
ユウ
はい、光と闇(両手に暗い部分と明るい部分を出す)
ななもり
ななもり
俺とるぅとの能力だね!(るぅととハモる)
るぅと
るぅと
僕となーくんの能力ですね!(ななもりとハモる)
ユウ
ユウ
まぁ、これはお兄ちゃん達と似た能力で...オリジナルは...。
ユウ
ユウ
...監禁とか誘拐しないでよお兄ちゃん達
すとぷり
すとぷり
しないよ!
ユウ
ユウ
さとみお兄ちゃんお料理するとき指切ったよね?ちょっと来て?
さとみ
さとみ
え?いいけど?
ユウ
ユウ
(さとみの指に触れる)
さとみ
さとみ
あれ?治っ...た?
ユウ
ユウ
凄いでしょ?
ころん
ころん
え?でもユウに支障が...
ユウ
ユウ
それがね!まるで出ないんだ!
莉犬
莉犬
え、神?
ジェル
ジェル
多分この中で1番強いんじゃ?
ユウ
ユウ
ううん、多分1番弱いよ!能力の強さもお兄ちゃん達より少し弱いんだ、
ななもり
ななもり
もう今日は寝よう!明日学校だしな!
るぅと
るぅと
賛成です!
すとぷり
すとぷり
おやすみー!
ユウ
ユウ
おやすみ!
✄------次回に続く------✄

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

山田くん
山田くん
どうも山田くんです! 〜自己紹介〜 誕生日→9月2日 年齢→12歳 好きな食べ物→チョコ系 嫌いな食べ物→辛い物とか苦い物 推し→すとぷりは箱推しだね! 推し→ヒロアカのかっちゃんと出久と轟くん♡ グッズは何個?→うーんすとぷり2個とヒロアカ7個です! 小説書くのをがんばります!
ファンタジーの作品もっと見る
公式作品もっと見る