無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

何 こ の 展 開 ! ( 過 激 )

ピンポーン


エイジ 「 あっ!そらだ!帰ってきた! 」

そら 「 ただいまぁ〜 …っ?誰? 」

あなた 「 あっ…初めまして!みっくんの彼女の… 」

そら 「 話は聞いてたけどこんな可愛いって…!」

みっくん 「 そら取らないでね〜!? 」

そら 「 俺には関根さんがいるから 」

エイジ 「 相手にされてねぇくせに 」

りっくん 「 ぶっふぇっふぇっふぇww 」



エイジ 「 あ みくから着信だわ .. もしもし 」

エイジ 「 みく着いたらしい 。」

そら 「 なになに?何が始まんの? 」

りっくん「 みっくんに彼女が出来たからお祝いするんだけど女の子1人じゃ寂しいだろうからって、えいちゃんの彼女も呼んだの! 」

そら 「 あー、そういうことねぇ!俺じゃぁシャンパンでも買ってくるわ! 」

みっくん「 おつまみも よろしくぅ〜! 」

そら 「 あとで徴収すっかんなあ!!! 」

みく 「 おじゃまし〜 」

あなた 「 はっ!初めまして!みっくんの彼女のあなたって言います! 」

りっくん 「 今日 自己紹介何回目よ!(笑) 」

エイジ 「 みくと同い年だから仲良くしたって 」

みく 「 おお〜可愛い〜…やっぱり類は友を呼ぶのね!みっくんが可愛いから、こんな可愛い彼女ができるんだよォ〜 」

エイジ 「 あぁ だからお前はブサイクなんだ 」

みく 「 はぁ!?今なんつった!? 」

エイジ 「 あーごめんごめん 」

みく 「 ねぇ!あなたって呼んでいい? 」

あなた「 ぜひっ!! 」

みく 「 私のことは みくって呼んでね! 」

あなた 「 はいっっっ!! 」

みく 「 何その笑顔 ちょーかわいい!写メ撮ろ!写メ! snowがいいんだよなあ〜 盛れるし♡ 」

あなた 「 私つかってるの凄くいいよ!! 」

みく 「 えー!なになに!?教えてよ… 」

あなた 「 はいっちーずっ 」

みく 「 ほんとだァァァァ!やばぁこのアプリ! 」



エイジ 「 女って ちょっとした事でも大袈裟だよな〜 」

みっくん 「 見ててウケるけどね (笑) 」

りっくん 「 僕 いい角度の撮り方しってるよ! 」

みく 「 は?何!教えて!! 」

りっくん 「 ちょっと待ってねー?…カシャッ 」




りっくん 「 ほらっ!! 」

みく 「 ぎゃぁぁぁぁぁぁ!!キモイっキモイっきもーーーーーーーい!!!! 」

みっくん エイジ「 見せてよ見せてよ 」

みっくん エイジ 「 ぶわっはっはっはっは 」

あなた 「 りっくん凄いっ…凛々しいっ!! 」

エイジ 「 りっくん まじウケるwもうやめてw 」

りっくん 「 みくちゃん そんなひどくない!? 」

みく 「 素直な意見だもん! あーお腹痛い(笑) 」

りっくん 「 くそー!!!あっ…あとで そらに エアードロップで送ってみよ(笑) 」

エイジ 「 ちょっとした罰ゲームじゃん(笑) 」


そら 「 ただいまぁ 」


あなた 「 おかえりなさい!買い出しありがとうございます! 」

みっくん 「 おかえりい!のものも! 」

そら 「 俺先にシャワー浴びてきてい? 」

りっくん 「 いいよー! 」

エイジ 「 じゃっ 先に乾杯しよっか! 」

皆 「 かーんぱーい 」

あなた 「 っぷはぁっ おいしい〜!こんなシャンパン初めて飲んだよ!! 」

みっくん 「 あんまり あなたはお酒飲まないもんね! 」

エイジ 「 今日 ツリメさんの本性が暴かれますな 」

みく 「 あなた 引いちゃだめだよ? 」

りっくん 「 僕になら してきてもいいよ♡ 」

みく 「 このっ!くそホモがぁ〜♡ 」

りっくん 「 違うわあ! 」

そら 「 お先でーす! 俺も飲もーっと! 」

りっくん 「 …送信っと… 」

そら 「 ぶっっっっっっっっっ!!!! 」


そらは 口からシャンパンを吹き出した 。

りっくん 「 うわぁぁあ! 」

見事に りっくんの顔面に的中 (笑)

そら 「 何だこの写真wwりっくん!? 」

みく 「 っちょーーー キモイでしょ!?(笑) 」

そら 「 これツイートしなよwww 」

りっくん 「 めっちゃいいね来るはず! 」

10分後

りっくん 「 うおおおお!1.5万いいねだよ! 」

あなた 「 えっ!?1.5万も!? 」

あなた 「 さっきから気になってたんですけど、この機材とか…1.5万いいねとか…ツリメ とか…何なんですか?? 」

エイジ 「 あー!俺たちね動画投稿者なの!YouTuberって知らない? 」


あなた 「 聞いたことある!! 」

エイジ 「 そう!それで収入を得てるって感じで、そらがリーダやってて、高卒業までみっくんもいたんだよ!(笑) 」

りっくん 「 だから今日 あなたちゃんとみっくんが帰ってきた時に 朝帰り〜?っていうコントみたいなつしてたでしょ?(笑)あれ昔のネタ(笑) 」

エイジ 「 あの後 りっくんは みっくんに手作りベッドプレゼントしてたもんな(笑) 」

りっくん 「 うわぁ!もうやめて!! 」

みっくん 「 動画流そうぜ!(笑) 」

みく 「 エイジなんて最近までクッソ幼かったんだよ(笑) 」

エイジ 「 成長したんだわ! 」

あなた 「 みたいみたーいっ!!! 」


テレビにHDMIとiPhoneを接続して
大画面でYouTubeを流す


「 はいどうも アバンティーズの エイジと!リクヲと!そらちぃと!つりめです!! 」

あなた 「 みっくん金髪ちょー似合う!! 」

みく 「 エイジ w髪色ww青ってwww 」

そら 「 あなたちゃんに事前学習としてこれ見てもらおうよ!(笑) 」

そういって流したのは…

「 ぞうっ!! 」

「 ぱぉ〜ん 🥰 」

「 さるっ!! 」

「 うきぃっ 🥰 」

「 リクヲ!! 」

「 俺 童貞じゃねぇからっ!! 」


皆 「 あーっはっはっはっはっ 」


「 石っ!! 」

「 てめぇ 石ナメてんのか? 」

「 俺だ 変われ 」


あなた 「 何このやり取り(笑) 酔うと甘えん坊なのね…(笑) 」

みく 「 しかも石ナメてんのかってwww」


エイジ君と みっくんは赤面してた。


そら 「 あっ!これみよー! 」

流してきたのはキス魔のみっくん 。

あなた 「 えええ!!!キス魔になるの!? 」


みっくん 「 やめろっ!!これ流してやる! 」

そういって流したのはダイエットに失敗した
そら君がセンターレスにされてる動画 。

あなた 「 えっ!そら君 坊主の時あったの!? 」

そら 「 そーだよぉ!今こんなに伸びたけどね! 」

みく 「 変態は髪伸びるの早いよね 」

そら 「 うるせえ!!さっさ飲んで寝ろ!! 」

みく 「 はいはぁーいっ (笑) 」


そう言って そら君とりっくんは酔った勢いで
そのままタクシーでカラオケ行ってしまった 。


みく 「 カップル同士が残っちゃったあ♡ 」

エイジ 「 zzz 」

みっくん 「 zzz 」

あなた 「 二人とも寝ちゃったね(笑) 」

みく 「 あたしたちも寝よっか! あっ!明日さ買い物行こっ♡ 」

あなた「 うんっ!明日ちょうど連休だし♡おやすみ! 」


かれこれ2時間くらい経った頃…


「 ンチュッ はぁっ… エイジっ…はぁっ… 」

「 みくっ…はぁ んな声出すなバレる… はぁっ… 」

「 エイジがっ…はぁっっ…んんっ… 」



あなた ( 嘘でしょ…まじ!?どおしよ〜!///)


みっくん 「 んん〜っ… 」

寝返りしてあなたに抱きつく 。

みっくん 「 あなた〜っ… 」

あなた 「 はっ…!? 」

みっくん 「 なにしてるのぉ〜? 」

エイジ 「 やべっ… はぁっ… 」

みく 「 しーっ… んんっ… 」

みっくん 「 俺らもシよ〜よ〜♡ 」

あなた「 ふぁぁ!?ええーっ!? あっ… 」

と言った矢先直ぐに みっくんが覆い被さる

みっくん 「 こういうの嫌いじゃないでしょ? 」

エイジ 「 お前らもかよ… (笑) 」

みく 「 乱交じゃーん!でも電気は暗くしようね!(笑) 」

あなた 「 ちょっ!ちょっとみくっ!んはぁっ… 」

みっくん 「 あなたは喘ぎ声が可愛いよお〜 みくちゃんなんかに負けないよ〜 」

エイジ 「 はぁ… あぁん?みっくんに、みくの喘ぎ声聞かせてやるよ 」

そういって激しく突いた

みく 「 あぁんっ…!!あぁっ…//はぁっ えいっ…じっ…あんっ… はぁはぁ… あぁあぁっ…! 」

みっくん「 こっちも…負けてねぇよっ んっ… 」

あなた 「 みっくぅーんっ…あぁぁぁぁんっ!らっ…らめぇえ…っ…あぁっ…いやっ…恥ずかしいっ…」

エイジ 「 どっちの女もエロいな 」

ピッ…


そういってエイジ君が真っ暗だった部屋を
豆電球に変えた 。

あなた 「 キャッ 」

恥ずかしくなってあなたは手で隠す

みく 「 んも〜えいちゃんったら〜 っ… 」

みっくん 「 隠さないで みせてよ〜 」

部屋中には2人の喘ぎ声が響く 。

エイジ 「 もっとエロい感じにさせてあげようか二人とも 」

みく 「 なにすんのっ…はぁんっ… 」

エイジ 「 はいっ 」

そう言って みくとあなた 2人の手を繋がせた

みっくん 「 うわっよくAVで見るやつじゃん えいちゃんナイスゥ〜 」

エイジ 「 この方がエロいでしょ? 」

ガンガン突かれる2人は手を握りながら喘ぐ

あなた「 やっ…はずかしぃよぉ… はぅ… あぁっ 」

あなた 「 …!?みっ!みく!? 」

みくは まさかのあなたの胸を触ってきた

エイジ 「 おぉ〜いいねぇ〜 はぁっ…あぁつ… 」

みく 「 あなた 胸大きいね〜 あぁっ… 」

みっくん 「 やべぇ〜俺そろそろイくわ … 」

エイジ 「 おっ…おれも… あぁっ… 」

みく 「 2人 一緒にイッてよ〜 あぁっっ… 」

あなた 「 みっくんっ…はげしいっっ!! 」

エイジ 「 あぁっっ!!みくっっっ!あぁぁぁっ…んっ…っっ…ああぁぁっ 」

みっくん 「 あーーイク イク イク… うあっ… あっ…はぁっつ あぁっ… ーんぁっ… はぁっ 」

みく あなた 「 はぁっ…はぁっ… 」

あなた 「 なにこれ…やばいっ…はぁっ。」

みく 「 こういうのっ…悪く…はぁ…ないでしょ? 」

あなた「 嫌いじゃ…ないかもっ…はぁっ… 」

エイジ 「 じゃぁまた今度しよっか 」

みっくん 「 さんせーいっ 」



そう言って疲れ果てて いつの間にか寝てた 。






続く 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

アバ子🦐「♡と☆」待ってるね
アバ子🦐「♡と☆」待ってるね
アバンティーズの小説書いていきます( * ॑꒳ ॑*)っ⌒♡。. すぐ新作書いて すぐ完結させて また新作の繰り返し♡
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る