プリ小説
一覧へ

第1話

年 上 の 彼 氏



今年から社会人になる私には 2つ年上の彼氏がいる 。



? 「 あなた!! 」

私 「 ん? みっく〜んっ 」

みっくん 「 今日も可愛いね〜♡ 」

私 「 みっくんもスーツ姿かっこいいよ〜♡ 」


そう言って 待ち合わせに来た みっくん 。


すごい可愛い笑顔で口角を上げてる 彼氏 。

その笑顔に惚れてしまった 。



出会いは 合コン 。


好きでもない合コンに人数合わせとして
先輩に連れて行かされた 。


━ 合コン ━


みっくん「 地方の子?方言があるね〜! 」

そう最初に話しかけてきたのは 今の彼 みっくん 。

私 「 私 地元が九州なんですよ〜! 」

みっくん 「 僕ね 〇〇っちゃ〜 て言う方言がすごく好きなんだ〜! だから方言で話して欲しい!」

私 「 分かりました (笑) 」


なんて会話をしてるうちに、3対3の合コンで
上手いこと みんなタイプがバラけて
各自 、二次会に行くことになり 私は もちろん
みっくんと意気投合して 二次会 として夜景を
見るために 某所の高台ビルに行くことに 。


みっくん も 私もお酒がかなり弱く
全く飲んでなかったため ほぼシラフ状態 。

先輩や他の男性達は肩を組みながら
カラオケ行ったり… ホテル行ったりしてた 。


みっくん 「 あなたちゃんって合コンとかよく来るの? 」

私 「 いえ…私は人数合わせで来たんですよ!」

みっくん 「 もうタメ語で話してよ〜 (笑) 」

私 「 え!いいんですか? 」

みっくん 「 うん!その方が嬉しいし親近感湧くじゃん? あ!ついでに方言忘れないでね?(笑) 」

私 「 分かった 」


みっくん 「 分かったってイントネーション可愛い〜!(笑)まぁ人数合わせで合コン誘うなんて失礼だね!(笑)でも後輩なんてそんなもんだよね〜。僕も お前こい!って上司に連れてこられただけだからさ!(笑) 僕もあんまり大人数でーってのが慣れてないんだ 」

私 「 めっちゃ分かるわ〜 私まだ入社して間もないっちゃけど、仕事 自分のは終わってるのに先上がりますなんて言ったらね〜 どんな目で見られるか… 」

みっくん 「 俺なんてもう気にしないことにしたよ!(笑)自分の仕事は自分の仕事だし!(笑) 終わったら帰る!!それだけっ!!!」


みっくん 「 おっ!到着したあ!ここの48階だよ 」

私 「 ここ知っちょる!!凄いよね〜!携帯でしか見た事ないから直接みたかった〜 」

みっくん 「 ねぇっ!カップルごっこしない?周りみんなカップルじゃん? 」

私 「 …ふふっ!仕方ないから手 握っちゃるよ!」

みっくん 「 やったぁぁぁぁぁ⤴︎ ⤴︎⤴︎ 」


私 「 うわぁ 綺麗だなあ〜… 」

みっくん 「 …?泣いてるの? 」

私 「 うん…地元から離れてやっぱり寂しいってのもあるし 仕事も大変で…こんなとこに連れて来てくれる人もいないし なんかね…なんでやっちゃろ…泣けてきた!(笑) 」

みっくん 「 心が綺麗なんだよ!…これからさ!俺がいろんな夜景連れてきたいなあ!…だめ?」

私 「 お願いしますっ!!!!!嬉しい!」



っていう感じでデートを重ね 好きな歌手が同じだったり
不器用なとこだったり…お互い似てるとこが
沢山あり…


私 「 今日 なんかご飯屋さん豪華じゃない!? 」

と完全個室の完全予約制の夜景の見える
高層ビルのレストランに来た 。

みっくん 「 今日は大切な話があるから!」

私 「 大切な話? 」

みっくん 「 うん 。僕 不器用だから上手く伝えれないし…ストレートに言うけどあなたちゃんが好き!」

私 「 グスンッ… 」

みっくん 「 !!!ごめんっ!僕何かした!?ごめんねっ!!!」

私 「 う…嬉しいっ 私もっ…!! 」

みっくん 「 うぇぇぇ!!ほんとっ!?夢じゃないよね!? 」

と言って自分のほっぺを抓る 。

みっくん 「 いって! 夢じゃない!!夢じゃないぞぉぉー!」

みっくん 「 じゃぁ今日から彼氏彼女ってこと!? 」

私 「 うん!そうだよっ 」

みっくん 「 じゃぁ宜しくね あなたちゃん!」

私 「 彼氏彼女なんだし ちゃん付けやめてよ!」

みっくん 「 分かった!あなた!…照れるぅ〜 」

みっくん 「 僕のことも みつ って呼んでよ〜! 」

私 「 やだ!私は彼氏のことを君付けで呼びたい!」

みっくん 「 わかったぁ!いやぁ〜にしても今日は最高な日だよ〜 友達に報告だァ!」




みつ
みつ
だぁぁぁあぁあ😎😎
えいちゃん
えいちゃん
でたよ構ってちゃん 。
そら
そら
みっくん どしたのw
りっくん
りっくん
僕が構ってあげようか?
みつ
みつ
ついに僕にも春が来ました🌸
えいちゃん
えいちゃん
また嘘
りっくん
りっくん
僕以外なんてありえないなあ〜
そら
そら
みっくんマジ!?
みつ
みつ
うん!二つ下の合コンで
知り合った子だよ〜‼️

今までちょこちょこデートしてて
いま〇〇でディナーしてて告った❤️

そしたら私もって!
そら
そら
はぁ!?うらやまっ!!
もういい!俺いまからクラブいく
えいちゃん
えいちゃん
クラブで捕まる女なんて
ロクでもねぇやつばっかだろw

みっくんおめでと〜⤴︎
りっくん
りっくん
顔と性格面接するから
今度 えいちゃんち連れてきて!
みんなで審査する!!(`o´)
そら
そら
りっくんwww
えいちゃん
えいちゃん
まっ!デート楽しんでね!

俺も彼女に会いたくなってきたァ〜
そら
そら
きぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ(💢'ω')


みっくん 「 みんなに自慢してやったぜ〜! 」

私 「 みっくん可愛いとこあるね〜♡ 」




…って感じで今に至る 。

毎日 毎日 電話して 会えない時は
「今日の顔〜」って自撮り送ってくる みっくん

本当に愛おしくて可愛くて…でも…でも…




超絶 変態だった!!!!!!!



続く 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

アバ子🦐「♡と☆」待ってるね
アバ子🦐「♡と☆」待ってるね
アバンティーズの小説書いていきます( * ॑꒳ ॑*)っ⌒♡。. すぐ新作書いて すぐ完結させて また新作の繰り返し♡
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る