プリ小説

第4話

長 い 夜 ( 過激 )


あなた 「 みーっくん だーいすきっっ♡ 」

みっくん「 おーれーもー♡ 」

部屋を暗くしてるのに目が合ったのが分かる。


みっくん 「 チュッ 」

あなた 「 んっ… 」

あなた「 みっくん Sなんでしょ…? 」

みっくん 「 なに?責めて欲しいの? 」

あなた 「 …うんっ…/// 」

みっくん 「 だぁぁぁぁぁ可愛すぎる!! 」

そう言ってあなたの上に乗った 。

あなたのタオルを外し ゆっくり体に触れる 。

あなた 「 …はぁっ… 」

甘いあなたの声に耐えきれず あなたの胸を揉みしだく

あなた 「 あぁっ…もっと強くっ… 」

もう乱暴にしたくなって ぐちゃぐちゃに揉んだ後
あなたの胸に むしゃぶりついた。

あなた 「 はぁんっ… やっ…あ… みっくん…大きくなってるっ…はぁっ 」

みっくん 「 誰のせいだと思ってんの? 」

ワントーン みっくんの声が下がった 。

あなた 「 私のせいですぅっ… 」

みっくん 「 責任…とってもらわないとね 」

そう言ってあなたの首元に跨るように みっくんが来た 。

みっくん 「 はいっ 」

そう言うとあなたは みっくんのモノを咥える。

みっくん 「 …あぁっ!!最初っから激しくしちゃダメ 」

あなた 「 みっくんのっ…ジュボッ おおひぃ… 」

みっくん 「 んあっ…あああっ…あなた エロすぎだろ…はぁっ!あっ… だめっ!!」

みっくん 「 もう我慢できない 」

そう言ってあなたの足を持ち上げ挿れる 。

あなた 「 …ああぁっっ!!!!ああんっ…いやぁっ…大きいっ…みっ…みっくんの 大きいよ… 」

みっくん 「 あーやっば 気持ちぃ〜…はぁっ あぁっ… はぁっ… 」

あなた 「 わたしっ…イッちゃうよ…ねぇっ…やだイッちゃうよ… 」

みっくん 「 一緒にっ…はぁっ…イこ!あぁっ…」

あなた 「 だめぇ!我慢できないっ…イッ…イクゥッ…!!! 」

みっくん 「 あぁっ…イクッ…ふぁっ…あぁっ…はぁっはぁはあはあっ… あぁ… 」

2人してかなり息が上がっており かなりの
時間が経ってたことに気づく 。


あなた 「 ふぅっ… みっくんっ…良かったあ〜♡ 」

みっくん 「 ほんとにっ!?」

あなた 「 またシようね♡ 」

みっくん 「 2回戦ヤッちゃう!?」

あなた 「んもぅ…腰がもたないよ!」

みっくん 「 こっちのセリフだよ!(笑) 」


そう言ってお互い抱き合って眠りについた 。





続く 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

アバ子🦐「♡と☆」待ってるね
アバ子🦐「♡と☆」待ってるね
アバンティーズの小説書いていきます( * ॑꒳ ॑*)っ⌒♡。. すぐ新作書いて すぐ完結させて また新作の繰り返し♡
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る