無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

__Page.5





あなたSIDE





嘘…





嘘だ…





嘘だっ……





なんで目の前に





阿部ちゃんがいるのよっ!





私疲れてる??





幻覚なの??これ。





いや、マジでいたら失礼か←





でも本気で信じられない…





父「あなた、この女の人が再婚相手の阿倍さんだ。と、その息子さん。」





(義)母「こんにちはあなたちゃん😊」





亮平「あなたちゃんだよね!よろしく〜」





現実にこんなことが起きていいのか?





ちょ、思考回路停止((いつもじゃん





よし、話を整理してみよう。





この間、お父さんが隠し事してそうだったからそれを暴いた。





で、その内容が『再婚』。





からの、今日会いに行ったら阿部ちゃんとお母さんがいる。





およよ??





やっぱ理解できん。





父「じゃあご飯、食べるか。あなた選びな」





そう言って私にメニューを手渡してきた。





いや、外見冷静そうに見えてると思うんだよ。





お父さんからしたら。





今結構舞い上がってて、冷静に見えるようにすんの努力してんだからね!?





だって隣に阿部ちゃんいて、一緒に、おんなじメニュー見てんのよ!?





しっかりあざといし←





亮平「あなたちゃん、決まった??」





あなた「ふぐっ!!はっ!決まりました…!」





お水…危ない😇←





ちょっと待てよ?





今推しにちゃん付けしてもらってますたな。





あ、今日命日だわ。





お母さん。





私もそっちに行くかも((あなたはまだ来なくていいのよ!!





そこから私の落ち着かない食事が始まり。





とりあえず結論だけ言うと、





両子ども承諾の上でお父さんと阿部ちゃんのお母さんは再婚が決定した。





要は、阿部ちゃんが義兄になって阿部ちゃんのお母さんが義母になるということが決定した、ということ。





一緒に住むって言ってたから……




んんん??





毎日心臓持たないぞ?




私。





阿部ちゃんのあざとさにやられないようにしないとw





でも、心配するべき箇所はそこじゃなかった…🤦🏻‍♀









‎(next ゚Д゚)ノ☆