無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

__Page.9





亮平「ただいまー」





あなた「おかえりなさ~い!」





あなたちゃんはスマホで
俺らのすのチューブを見ていた。





夕飯前に帰宅できた俺はあなたちゃんに
メンバーが会いたがってると話すことに。





亮平「あ、そーだ。あなたちゃん、ちょっと部屋来れる?」





あなた「はーい??」





Children's Room





亮平「まず、敬語なくそう。」





ずっと気になってたんだよね〜、これ。
義理であるとはいえ敬語で話すのも堅苦しいでしょ?だからやめてほしいな〜ほしいな〜で今日wようやく言えたw





今更感( ′-′ )…





あなた「…ほぇ??」





亮平「だって俺らは義理であるとはいえ兄妹じゃん?だからなくそ?あと俺はあなたちゃんのことを呼び捨てで呼ぶ。」





あなた「んぇ!?!?」





亮平「慣れて?あなた」





あなた「ふぇ…//」





照れちゃってる…w





亮平「何照れちゃってるの?((頭ぽんぽん




あなた「……/////」





かわいいなって思った俺は…だめかな?w





亮平「後さ、メンバーにお母さんが再婚したって話をしたんだけどね?」



あなた「(   ˙ロ˙   )」





亮平「メンバーがあなたに会いたいって!いいかな?」




あなた「えぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!?!?!?」





亮平「ま、急いでないと思うし!都合が合う日に一緒に行こうか😊」





あなた「は、あ。…うん!」





亮平「いま敬語使いそうになったでしょ〜w」





あなた「…はい」




亮平「今回のは見逃すかw」





あなた「(* ´ㅁ`*)💨」





母「亮平〜!あなたちゃーん!ご飯できたわよ〜!降りてきなさーい!」





亮平、あなた「「はーい!!」」





亮平「よし、行こっか!」





あなた「うん!」





ちょっとだけだけど……
あなたと距離が縮まったかな??









‎(next ゚Д゚)ノ☆
そろそろメンバーに会います
勉強は…もう少しお待ちください🙏🏻
さくしゃ。
さくしゃ。
フォロワー様が100人超えたら新作(?)出すとか言ってみます