無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

__Page.6





あなたSIDE





無事(?)お父さんは
あべちゃんのお母さんと結婚し、





あべちゃんは義兄に、あべちゃんのお母さんはお義母さんになりました👏((?





で、本日は同居を始めるためにお父さんが新しい(と言っても中古らしいけど)一軒家を買ったらしいので
そっちに引っ越す日です!





敬語の理由は緊張のしすぎ。





以上!w←理由薄





だって冷静に考えてみ?





家に推しがいるんだよ?





一緒に生活すんだよ!?





殺しに来てるよね!?!?←それはないByあざとい義兄





家についたらもうお義母さんもあべちゃんもいて。





亮平「あなたちゃーん👋」





あなたの脳内
…(꒪ཀ꒪)グハァ→_(┐「﹃゚。)_





現実
あなた「おにいちゃーん!👋」





頑張って『普通』を装ってます。
唐澤あなたです(白目)。





父「あ、あなたと亮平の部屋なんだけど
子供部屋にできるのが大きめの一部屋しか
ないんだ。相部屋でも大丈夫か?」





ほぇ?





推しと相部屋ですと、?





うぅわぁ←





毎日命日😇
Always命日😂…( ′-′ )





はたしてあべちゃんは承諾するのか……?





亮平「全然大丈夫ですよー」





普通にOKしたー∑(ºロºlll)





わかってたよ。
これ拒否権ねぇなって。





あなた「私も大丈夫ー!」





そう言うしかないじゃん(´っ•ω•c`)…?





義母「荷物部屋に運んでもらったから、2人で片付けてきちゃってくれる??」





亮平「わかったー」





あなた「はーいっ」





ん?





あ、( ・∇・)…





本人にグッズ見せんのか!





やばい…引かれるぞ、あの量←





気持ち悪いオタクだって思われる!





亮平「あなたちゃーん、このダンボール開けても大丈夫かな?」





あ、目印つけとくの忘れた←
えぇーいっ!もういいや!←は





あなた「大丈夫です!」





亮平「りょうかーい!」





あぁどうかグッズのダンボールじゃありませんように…🙏🏻🙏🏻





亮平「……っと、、って、え?」





あなた「(*´・д・)?なんか変なものでも…」





亮平「あなたちゃんって、SnowMan好きなんだね😊あれ、しかも俺の多い…」





ぎゃああああああ!!!!!





開けられてしまった…





よし、開き直ろう←





あなた「…そうです…//」





亮平「えー!まじ!?嬉しいんだけど!よし、メンバーにマウント取ろ←実際はしなさそうだなBy作者




嬉しいとのお言葉いただいてしまった🤦🏻‍♀





この後もひたすらにあざといあべちゃんに翻弄されながらもしっかり片付けました(白目)。
あ、おんなじ部屋でもベッドは2つあるからね!?隣だけど!!
Everyday寝不足になりそうだけど!!!









‎(next ゚Д゚)ノ☆
さくしゃ。
さくしゃ。
1個前のチャプター名が
『__tag.1』となっていたと
思うんですが
さくしゃ。
さくしゃ。
本編は『__Page.??』
作者が通るときは『__Tag.??』
(※?には数字が入ります)
というふうに区別させて
いただきます🙌
さくしゃ。
さくしゃ。
これからも
『天才あべべの義妹は勉強嫌い』を
よろしくお願いします🌷🙏🏻