無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

文化祭⑤

んっ、、頭痛え

ジフン
どこだここ?、
てかっなんだよこれ!!

空き教室のようなところに一人真ん中で



パイプ椅子に縛られて身動きが取れなくなっている

ジフン
くっそっっ!!
モブ
あ、やっと起きたねうじくんっ
ジフン
離せよッッ

見たこともねえ気色悪い男が俺を見て微笑んでいる
モブ
抵抗しても無駄だよ〜
大声出しても無駄〜
誰も助けに来ないから安心して?
ジフン
誰だよお前、
モブ
僕ね君に一目惚れしたんだ
ジフン
は?
モブ
だって君可愛いじゃんっ?
こんなメイド服なんて着ちゃって〜
僕に犯されたいのかな〜って思ったの!

男の手が伸びてくる
ジフン
触んなっ!!
モブ
ん〜?
ジフン
やめっっ
モブ
うわぁ足すべすべだようじくん
ほんとに男の子?

吐き気がする


こんな男に太ももをさすられてるのに抵抗できない、
ほんとに誰も助けてくれないのか、?


来いよっ、、


































ジフン
スニョンっっ助けてッ


ーー






結局誰も助けに来てくれなかった、


最後までやられてしまった


俺のハジメテをこんな奴に取られてしまうなんて、

ジフン
助けに来いよっスニョン、


ただ涙を流すしかなかった


ーー


男は犯し終わったのに俺を縛り続けてる
しかも逃げた、、所謂ヤリ捨てポイ

ふぅやっと終わった〜帰ろっと

人か?!

ジフン
助けて!!
え?助けて??
どこ、ですか?!
ジフン
ボロボロの教室!!
ここ?!

ガラガラ

ジフン
助けてっはやくっっ

必死になって声を出した

だ、大丈夫ですか?!!!
すぐに解きますから!!
ジフン
っっぅグスッ

あまりの安心感につい涙が溢れる

っ解けました!お、っと、、
ジフン
うっっぅんっぅぐすっ
、もう大丈夫ですから、、!
とりあえず背中乗ってください!
保健室まで運びます!
ジフン
ッッありがとっございますっ
いえいえ!

たまらず助けてくれた人に抱きついてしまった
とりあえず今は温かさが欲しかった