無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第6話

クラスマッチ②

先に言うと、、、ジョーカーゲームは1回戦負け
ごめんな


まあ、早く終わってよかった


スニョン見に行かねえと

ーー

体育館に着くと、バトミントンをしていた
見た感じスニョンは、、まだみたい


座るとこ確保しよって思ってたら

ウォヌ
よっ
ジフン
あ、ウォヌ
ウォヌ
1人?
ジフン
うん、今からスニョン見るとこ
ウォヌ
俺もいい?
ジフン
いいよ

声を掛けてくれたのはウォヌで
タイミングが良すぎる


1人で退屈してたとこだ

ーー

今からスニョンが出るらしい

ウォヌ
スニョンに頼まれたの?
ジフン
そう、あいつが見てろってうるさいから
ウォヌ
ㅎㅎ
ジフン
言わなくても見るのにな
ウォヌ
おぉ
ジフン
なんだよㅎ
ウォヌ
彼氏のこと見ときたいもんなぁ
ジフン
うるさい

何が彼氏だ
俺も男だ!
でも俺が彼氏になったらあいつは彼女?
それは無理


ーー


1回戦は勝った
運良くバド部じゃなかったらしい


スニョンならバド部でも勝てそうだけど

ジフン
なんであいつキョロキョロしてんの
ウォヌ
、、お前のこと探してんだろ?
ジフン
ふぅん

ちょっと嬉しくなったのは秘密



ん、、??
なんだあの女軍団
スニョンに近づいてる


声は聞こえないけど喋っているのは確実だ

ウォヌ
、、見ぃっちゃった
ジフン
なんだよあいつ
ウォヌ
クスクス

俺を見て笑ってるウォヌ

ジフン
なんだよ、
ウォヌ
いやぁ、嫉妬してるなあって思って
ジフン
し、し嫉妬?!
ウォヌ
うん
ジフン
そんなのするわけねえだろっ
ウォヌ
してるだろㅎㅎ
ジフン
う、う、うるさいっ
ウォヌ
ㅎㅎㅎ


ーー


、、図星だった
嫉妬した


だって、悔しいじゃないか
試合終わったらすぐ俺んとこ来てくれるって思ったのに


俺より先に女の方に行った


女から話しかけてたけど、、
やっぱり、何とか理由つけて俺のとこに来て欲しかった


ここ男子校だけどイベント事は


他校のやつも来れるようになってて


たぶん隣の高校のやつだろう


まあ、スニョンがモテるのは知ってた
だって、かっこいいもん、、性格いいもん
そんなのモテるに決まってる


女と関わってるのは頑張ってスルーしてきたけど
やっぱ無理


ムカつくイラつく















俺の恋人なのに、、



ー続ー