無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

クラスマッチ①
嫌いなイベントが明日に迫っている


クラスマッチ


動くのが嫌いな俺には苦痛なイベント
寒いしごちゃごちゃしててすっごい疲れるんだ
夏に1回経験したけど、、無理
夏は暑いしベタベタして気持ち悪い


夏に出ようとしてた競技は雨で出来なくなって
ずっと応援
まあ、ラッキーだったけど


今回は、ジョーカーゲームに出ることになった
中だし座ってられるし楽だからこれにした


スニョンは、やっぱリーダー的存在だから
バスケとかバトミントンとか色んなのに出るらしい
前と一緒


そんときは、まだこういう関係じゃなかったし
ただの友達だったから、すげーとしか思ってなかった


けど、今はそう見るのは困難なはず
あいつが決めた時とかいちいちこっち見てきそうだし
そんなんされたら俺の顔がやばい事になりそうだから
やめて欲しい、俺だけ見ときたい
スニョンは試合に集中してろよ
こっち見んなよ


ーー


はあああ、、来てしまった
てか、校長話長すぎ
いつになったら終わんの
早く終わらしてくれ













15分話してたらしい
長すぎなんだよ


スニョン、寝てたし
俺も寝たい


先生の、解散という言葉で一気にうるさくなった
すぐスニョンが寄ってきた

スニョン
ジフニ絶対見てろよ!!
ジフン
うん見てる
スニョン
ジフニにかっこいいとこ見せるから!
ジフン
ふぁいとー
でも、俺ジョーカーゲーム出るから
スニョン
え?!なにそれ、聞いてないっ
ジフン
言わなくてもいいだろ
途中から見るから
スニョン
うぅTTわかった、、
ジフン
じゃ、俺行くから
スニョン
ばいばい!絶対来てね!!
ジフニも頑張って!
ジフン
はーい

競技なんか出るんじゃなかった



俺も最初から見たかったよお前の活躍



ー続ー