無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

文化祭③
ジフン
はぁあっっえっら

久しぶりにこんな走ったわ


今頃スニョン、、ハーレム楽しんでるかな


あとで怒られるやつだな

ジフン
あ、

そんなこと思ってたら丁度電話

ジフン
もしもし
スニョン
はぁあのさ!マジでなにこれ?!
ジフン
しらん
スニョン
知らんじゃねえよ!!
えらい目にあったんだけど、
ジフン
お前が悪い
スニョン
だから、ごめん
ジフン
なんのことかもわかってねえくせに
スニョン
やっぱ、メイドのことだろ?
ジフン
それで?
スニョン
それでって?
ジフン
なんもわかってねえし
スニョン
分かるわけねえだろ
お前の気持ちなんか
ジフン
は、、

泣きたくなった

スニョン
あ、ご、ごめ、
ジフン
もういいっっ

走り去った

ーー

また走っちゃった


うん、あれはさすがに傷ついた


お前の気持ちなんてどうでもいいって
言ってるようにしか聞こえなかった


やっぱメイドそんなにも見たいんだな
いつもは絶対言わないようなことばっか言って
俺を傷つけてでも、、あいつは見たいんだな


メイドカフェでも行ってろって話だろ


俺なんかのゴツゴツした体のメイドよりさ、、
ぷにぷにしてそうな体の女メイドでも見てろ


はあ、、明日なんだよな
文化祭
終わった、どうしたらいいんだ


あいつを避けまくったらいいか


ーー

やっとこの日が来てしまった
そして学校にも着いてしまった


今日は一緒に登校してねえよ
出来るわけねえ


うわぁクラス入りにく、、
まあスニョン以外知らねえから


普通の顔して入ればいいか
幸い、ドアは空いていたから注目されることは無い


よし、入るぞ

モブ
ジフンおはよー
ジフン
っおはよ

びびったぁ
まさか挨拶されるとは、、

モブ
あれ、彼氏は?
ジフン
か、かか、、っ
知らねえよ

彼氏呼びすんな

ーー

、、スニョンは休みだった
なんだよあいつ、っ
逃げてんじゃねえよ

モブ
ジフンーこれ、はい
ジフン
あ、うん
もう着てこればいい?
モブ
そうやね!

はあ、なんか嫌とかじゃねえよな
何だこの感情は、、

ーー

ジフン
うっわ、、こんなのなんも可愛くねえ
引かれる、
モブ
着れたー?
ジフン
でも、絶対変
モブ
いいじゃん!はやく!
ジフン
、んー
モブ
ええ?!可愛いじゃん?!
ジフン
は?

なんだよ、スニョンみたいな反応しやがって

モブ
可愛いって!
モブ
うん、めっちゃ可愛い
スニョン見ろよなー
モブ
あいつ馬鹿だろ
こんな可愛い彼女一人にしてたら
取られるっつーの
モブ
それな笑

ため息しか出ねえよ

ーー


いよいよ始まる、、


てか、めっちゃ人いんじゃん
まじで何目的で来るんだよ


ここ女子も来れるからホスト目当てか、、
そこが厄介なんだよな
女子は来なくていいんだよ
隣の女子校のやつばっかだろ
スニョン目当てだろうけどいねえから

モブ
いらっしゃいませ〜

始まっちゃった、


ーー


めっちゃ大変なんだけど、


休憩まだ?
、、あと五分か、頑張ろ

ジフン
こちら商品です〜
モブ女
えぇ!可愛いんだけどぉ♡
めっちゃ可愛い♡
ジフン
あ、あの、、
モブ女
後で写真いい?!♡
ジフン
は、はい、、
モブ女
やったぁ♡
ジフン
失礼します〜


なんだ?!あいつら?!
なんか一気に疲れたんだが?!

モブ女
あっうさちゃん♡
ジフン
、、、え?俺?
モブ女
そお♡写真撮ろ!♡
ジフン
あっ、はい、、
モブ女
ポーズはうさみみね♡
ジフン
了解ですっ〜


ぱしゃ

モブ女
♡かわいすぎぃ
ありがとねばいばい♡
ジフン
ありがとうございました〜

はあほんと疲れる






あ、今から休憩だトイレ行こ






今から、、ああなるなんて思ってもみなかった


ー続ー