プリ小説
一覧へ

第1話

いつもの春
隣にいる彼女は笑顔でエクレアを口に運んでいた。
とても満足そうに。
柳田 樹
柳田 樹
美味しい?
美味しかった?と聞くほうが正しかった。
何故なら、彼女に与えられていた6つのエクレアは
とうに彼女の胃の中へと入っていたからだ。
明石 桃
明石 桃
うん!
彼女は口にチョコレートを付けたまま笑った。
柳田 樹
柳田 樹
……口にチョコレートがついてるよ。
明石 桃
明石 桃
えっ!?嘘嘘!?何処!?
場所を教えてやると、彼女は急いで口を拭った。
柳田 樹
柳田 樹
そういう所かな、君が色気が無くて子供っぽく見えるのは。
明石 桃
明石 桃
失礼!!
少しだけ頬を膨らませた彼女。
明石 桃
明石 桃
君はそーゆーんだから、彼女の一人も出来ないんだよ!!
………余計なお世話だ。
柳田 樹
柳田 樹
君こそ。
彼女はスッと澄まして1言。
明石 桃
明石 桃
私は彼氏の一人や二人…。
あまりにも不自然な仕草に
僕は笑いを堪えられなかった。
僕が笑うと君がまた少し膨れて
明石 桃
明石 桃
何よっ!!!!
と笑っていた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

柊六華❥🍓🍓🍓❥
柊六華❥🍓🍓🍓❥
柊六華!中2です! fischer'sさんが好きです! モトキ&マサイ&ダーマ推しです! 1推しは、モトキなんですけどね…(笑) 人狼ジャッジメント大好き! 特にtwitterの漫画好きです! もちろんゲームも! (↑私はtwitterやってませんが…笑) あと、漫画大好きです! ・響け!ユーフォニアム ・幸色のワンルーム ・彼女達は語らない ・新米姉妹の2人ご飯 ・ヲタクに恋は難しい ・君までの距離は30分 ・墜落JKと廃人教師 etc… あ、専タグは「雪ん娘六華」です!! 宜しくお願いしますー!