無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

prologue
??『お母さん!』
母「あなた!」
母「逃げなさい!」
母「乃夏をつれて!」
あなた『お母さんはどうするの!?』
母「私は大丈夫だから!」
母「だから、早く乃夏を連れて!」
ギュギャーン
母「キャァァァ!!!!」
あなた『お母さぁぁぁん!!!!』
乃夏「お姉ちゃん!」
あなた『乃夏!!!!』
乃夏「お姉ちゃん!!!!助けて!!!!」
あなた『乃夏ぁぁぁぁ!』
バーンッ
あなた『ウッ,,,,,,パタッ』
あなたが目を覚ますとそこには灰になった家
消防隊の人が居た
あなたはその時消防隊に怨みを抱いた,,,,,,
あなたの中には何も残らなかった………
この事件からあなたは一切笑わない
(なまえ)_奏多@かなさた_
あなた奏多かなさた
僕に何が…残った?
(なまえ)_奏多@かなさた_
あなた奏多かなさた
誰か………助けて