無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

再会
みんな〜、席に着いて〜!
式の時間が近づき、先生が入って来た。
隼人と話していた遥菜は、慌てて前を向く。
山本 遥菜(やまもと はるな)
(……!)
その瞬間、遥菜は息をすることすらできなくなった。
橋本 翔(はしもと しょう)先生
じゃあ、出席確認するよ〜
それは、確かに翔だった。
遥菜が幼い頃に出会った翔だった。

遥菜の、大好きな翔だった。
先生は、一人一人の名前を読み上げていく。

遥菜は、今までにないくらい緊張しながらその時を待った。
山本 遥菜(やまもと はるな)
(翔くんは、気づいてるの…?)
橋本 翔(はしもと しょう)先生
山本 遥菜
山本 遥菜(やまもと はるな)
…はい
橋本 翔(はしもと しょう)先生
山森 由紀
山本 遥菜(やまもと はるな)
……
橋本 翔(はしもと しょう)先生
吉田 春樹
橋本 翔(はしもと しょう)先生
以上だな?
山本 遥菜(やまもと はるな)
(やっぱり、気づかないよね…)
あれほど会いたかった翔に会えて嬉しいはずなのに、遥菜は翔が自分に気づいてくれないことが寂しくてしょうがなかった。

翔は、あの時と変わらない笑顔で生徒達に話しかけている。

遥菜は、自分から翔に話しかけるべきか、翔が声をかけてくれるのを待つべきか、考えていた。
成瀬 隼人(なるせ はやと)
遥菜?
成瀬 隼人(なるせ はやと)
遥菜どうした?
山本 遥菜(やまもと はるな)
えっ?あ、ごめん、ちょっと考え事…笑
隼人は、遥菜の様子を不思議に思っているようだった。
山本 遥菜(やまもと はるな)
(ん?遥菜?そっか、さっき私がそう呼んでって言ったから…いざ呼ばれてみると、なんか慣れないな)
遥菜は、思いがけず翔と再会し、入学式中もずっと上の空だった。

担任の先生が発表されたときは、声を出しそうになるほど驚いたのだけれど。その理由は言うまでもなく…
山本 遥菜(やまもと はるな)
(翔くんが、私の担任!?)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

倫子
入賞者バッジ
倫子
音楽と、ドラマを見ることが大好きです💓💓
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る