第14話

荷物
あなた

はあ…

放課後、
私は先生に荷物を運ぶように指示をされ、
職員室に向かっている。
あなた

地味に重いし…

岸優太
岸優太
何持ってんの。
あなた

あ、岸君。

あなた

先生に、日直だからって。

岸優太
岸優太
持ってやるよ。
あなた

え?

あなた

あ、ありがとう…

米谷奈々未
あ、あの二人、いい感じじゃん。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
あ、米谷さん…
米谷奈々未
あ、岩橋君、どうしたの?
岩橋玄樹
岩橋玄樹
あの二人って、付き合ってるの?
米谷奈々未
ううん、付き合ってはないよ。
米谷奈々未
でも、両思い。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
、、、
米谷奈々未
二人は、自分がお互いの事が好きって、分かってないんだ。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
え…?
米谷奈々未
岸君は、モテモテだけど、めっちゃ鈍感。
米谷奈々未
あなたは、恋を知らないの。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
、、、
米谷奈々未
あの、岩橋君。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
なに…?
米谷奈々未
あの二人の邪魔、しないでね。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
え?
米谷奈々未
じゃあ、明日ね。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
ごめん、無理。
米谷奈々未
え?
岩橋玄樹
岩橋玄樹
俺、あなたの事、ずっと好きだったから…
米谷奈々未
岩橋玄樹
岩橋玄樹
あの笑顔を、守ってやりたい。
米谷奈々未
じゃあ、正々堂々、岸君と勝負だ。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
してるつもり。
米谷奈々未
私は、両方応援する。
米谷奈々未
頑張ってね。
岩橋玄樹
岩橋玄樹
ありがとう、米谷さん。
米谷奈々未
じゃあ。